ブログ

BLOG

奇跡のひとしずく

update:
2022.2.14
category:
開業準備編

今から16年前の2006年2月8日。この年の冬は大雪ばかりでとても寒かった。

23歳だった僕はこの日無職になった。そして同じこの日から、まさに天から落ちてきた奇跡のような「ひとしずく」によって、僕の八百屋人生は始まった。

大学を卒業してからまだ1年もたっていない冬だった。僕は就職活動は一切せず、学生時代からアルバイトしていた八百屋での仕事を続けていた。

この日の約2週間前、勤務先の店主が心身共に不調をきたし、店に出勤してこなくなった。僕は知り合いの八百屋に助けてもらい、なけなしのポケットマネーをつぎ込んで商品を仕入れなんとか2週間頑張ったが、先も見えずもう限界だった。借金取りからの鳴りやまない電話。最終的には電話線を抜いた。ついには店に取り立てが殴り込んできたこともあった。どこにいる!と詰められとても怖かった。

自分の仕事を失いたくないという思いももちろんあった。しかしもうこれ以上続けることはできないと決め、2月8日、在庫の商品を売りつくして店を閉めた。その間、店主とは音信不通のまま。やりきれない虚しさ、この先どうなるんだろうという不安、緊張状態から解放された少しの安堵感、そして疲労感。それらが入り混じった気分だった。

そしてその夜、一緒に働いていたアルバイト仲間と一緒に、いつもよくしてもらっていた近くの小さな料理屋さんで打ち上げをしていた。

「これからどうするー?」
「なんも決まってないっすねー。沖縄でもいこっかな~」

こんな会話をしていた、そんな時だった。とあるご夫妻が来店された。そのご夫妻は、僕の勤務先のお客さんでもあった。そして、ご夫妻にこの料理屋を紹介したのは僕だった。買い物に来られた時に、このお店美味しいですよとショップカードを渡したのだった。そしてはじめてご来店されたのがこの日だった。僕は軽く会釈をした。ご夫妻は奥のテーブルへ。

しばらくして、僕たちはそのテーブルに呼ばれた。
「あの店、無くなっちゃうんだって?」
「はい、そうなんです」
「君は、これからどうするの?」
「いやぁ、なんも決まってないっす。沖縄でも行こうかな~と。沖縄好きなんで」
「君は、なんであの店で働いていたの?」
「環境問題や、オーガニックに興味があって、、そういう生き方とか働き方ができたらいいなって」
「なるほど。君は、そういったオーガニックや農業にかかわる仕事がしたいのか?」
「はい。いつかはそうしたいと思ってます」
「じゃあ、君に一ついい提案をしよう。僕の家のガレージが空いている。そこを使って八百屋をやってみたらどうだ?」
「ええええぇーーーーーー!!!!!!」

こんな素敵なご夫妻、普通いる?ありえないよね?っていう信じられないような話の、漫画のような展開。でもこれが本当にワンドロップの始まりだった。

もし僕がご夫妻にショップカードを渡していなかったら。
もしご夫妻が来店するのがこの日ではなかったら。
僕は今頃沖縄にいたのかもしれない(笑)。人生は何が起こるかわからない。
無職になったひどい日に、希望の蜘蛛の糸よのうな一滴が天から落ちてきた。
本当にこのご夫妻なくしてはワンドロップのスタートはなかった。感謝してもしきれない。

店の名前

update:
2022.2.12
category:
考え方, 開業準備編

「ワンドロップ」ってなんですか、どういう意味ですかって時々聞かれる。

この名前にたどり着くまでには、そういえばボツにした案も結構いろいろあった。

月桃
(ゲットウ。意味が全くわからん笑。なぜこれにしようと思ったのかも全く意味不明)

オルガニポニカ
(キューバの都市型有機農業形態を表す言葉。なんか響きがかわいいとは思ったけど、覚えてもらえなさそう笑)

小谷商店
(行き詰って考えるのがめんどくさくなってヤケクソ笑)

などなど。多分他にもあったと思うけどもう思い出せない。そんないろいろな紆余曲折の末「ONE DROP」という名前になった。どうしてそうなったかというと、その頃ボブマリーが好きで良く聞いていた。そして曲のタイトルから何か使えそうなものがないかなと探していたら「ONE DROP」という曲が目についた。ほーん、「ONE DROP」か。ワンドロップ・・・いいかも!ていうか曲もめっちゃいい曲やし!なんかイントロの感じとか、今から何か始まる~ってゾクゾクするような感じがする。いい!テーマソングにしよ。それが最初のきっかけ。

https://www.youtube.com/watch?v=74NCfS3h2JY

そしてそこからワンドロップ・・ってことは「ひとしずく」だよなーと思ったときに、あ!あれだ、「ハチドリのひとしずく」だ!と思いついた。

「ハチドリのひとしずく」とは、南米アンデスの民話。動物達が住んでいた森が火事で燃えた、動物たちはみんな逃げた、そんな中ハチドリだけが一滴一滴、水を垂らす。それを見て動物が笑う、「そんなことして何になる」と。ハチドリは言う、「私は私にできることをしているだけ」と。そんなお話。

https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334974916

環境活動家でスローライフ運動等を提唱していた辻信一さんが、「たとえ微力でも、自分にできることをやろう」というメッセージを込めてこのお話を世間に広めた。学生の頃、大学に辻信一さんが講演に来られたことがあって、その時にこの民話のことを知った。その当時の僕は2回生で、自分のこれからの生き方についてとても思い悩んでいた。しかし辻さんの講演を聞いて、すごく前向きな気持ちなれたことを覚えている。そしてこの頃から、日々の食について、またその向こう側にある農業について強い関心を持つようになった。ある意味、自分の原点になっているのが辻さんの講演だった。

そうだ、自分のやろうとしていることは「ひとしずく」だ。小さい八百屋ごときでは世の中は変えられない。でもたとえ微力でも、農業に貢献したい。そんなことをして何になると言われて笑われても、自分にできることをやる。そうだこれだ・・そんな思いから名付けた。

 

 

 

開業時のチラシ

update:
2022.2.11
category:
考え方

2006年5月、ワンドロップは開業した。当時僕は23歳だった。
その時作ったチラシには、こんな文章というかポエム(笑)をのせた。

ただ「美味しい、安全」というだけでなく、「気」の入ったもの 心のこもったものを届けたい

素朴でもぬくもりの伝わるおにぎりが

とても とても おいしいように

手に取ったとき

作り手の優しさがじんわり伝わってくるような

あたたかいオーラのある野菜

心まで満たしてくれる野菜

ワンドロップでは、そんな手仕事野菜を届けていけたらと思っています。

改めて読み返すとめっちゃピュアやなと(笑)かなり恥ずかしくなってしまうけど、でも根本の想いは今も何も変わっていない。前回「ロマンのある野菜」で書いたことと結局まったく同じことを書いていた。野菜の種類も商品の種類も開業当時とは比較にならないほど増えた。当時と全く考えが同じわけではない。はじめは無農薬の野菜だけしか扱っていなかったし、そうするべきだと思っていた。でも考えはいろいろ変わって今に至る。だが「魂のこもった野菜」がいい、「無農薬」ということに価値をおいているのではない、ということははじめからずっと変わっていない。

 

 

 

ロマンのある野菜

update:
2022.1.25
category:
考え方

無農薬だからいいってわけじゃないってことを前回書いた。無農薬だから安全安心でも美味しいわけでも栄養価が高いわけでもない。

じゃあなぜ無農薬の野菜を15年以上も売り続けているのか?普通栽培の野菜もたくさん売ってはいるけど、それでも少々質が落ちても無農薬のものを優先している。

サステナブルだから?それもあるにはある。持続可能な農業の実現を・・とか環境負荷の少ない農業を広めるため・・とか。でも有機栽培だけが絶対的にサステナブルだとは思わない。

そもそもどういうレベルでのサステナブルなのか?
農地を荒廃させない、次の世代へ受けついていくという意味では耕作放棄地を減らすことの方が大事だ。地方で増える耕作放棄地を一手に引き受けて、何とか農地を維持しようと奮闘している生産者がたくさんいる。農地の規模が大きいから農薬は最低限使う。そういう生産者はサステナブルではないのか?とすごく思う。だから,有機ですサステナブルです(有機じゃないのはサステナブルではありません)!みたいなニュアンスが含まれる売り方はしたくない。そもそも仮にすべての農地を有機栽培に切り替えて、果たして十分な食料を供給することができるのかという問題もある。

化学肥料は輸入に頼っているのが問題だが、有機農業に使う資材でも輸入品では多い。また天然由来成分であってもその製造過程で環境負荷の大きいものもある。そもそも化学肥料であれ有機肥料であれ土壌に投入しすぎれば川に流れ、水質汚染の原因になる。

除草剤を使わないためにビニールマルチをたくさん使うなら、最低限の除草剤を使う方がよくないか?という考えで除草剤を使われる方もいる。また除草剤1回だけの使用で除草の手間が大幅に削減され、それによりたくさんの田んぼが維持されているという現実もある。田んぼをサステナブルに次世代につなぐために最低限の使用はいけないのか?と思う。

有機がサステナブルで慣行はそうじゃない、と白黒はっきりつけられるようなものではない。

冒頭に戻って、ではなぜ無農薬野菜を売り続けるのか。その理由は、もう「ロマンがあるから」としかいいようがない(笑)。農薬や化学肥料を使わずに俺は(私は)立派な野菜を作ってみせる!!という心意気。生き物に優しい農業がしたい!!というピュアな想い。有機=付加価値ではなくて、あえて極論してしまえばそれは生産者の自己表現であり生き様だ。でもその強い想いが野菜に込められているから、見た目からも何かそこに魂が入っていると感じるのだ。そういう魂の入ったものを食べたいと思うし、それが美味しいと感じる理由だと思う。

だが無農薬でも気持ちの入っていないなと感じる野菜もたくさんある。そういう野菜は魅力を感じない。とにかく有機マークつけれたら付加価値で売れるでしょ、っていう雰囲気の中身のない野菜。あるいは、「俺の農法」にこだわりすぎて、食べるお客さんのことへの気持ちや優しさが感じられない尖りすぎた野菜。そういう野菜は売りたいとは思わない。

慣行栽培でもこれはすごいなと魂を感じる野菜はたくさんある。俺は農薬も化学肥料も美味しい野菜を作るためなら必要によっちゃ使うけど、とにかく最高にいい野菜を作りたいんや!どや!みたいなそういう顔をしている野菜というか。それはそれでもうロマンのかたまりで、素直にすごいなと思うし食べても美味しい。そしてこの感動を、このすごさをお客さんにも知ってほしいという気持ちで店頭に並べる。

料理でも同じように作っているはずなのに、できあがりの味をイメージできているかどうか、誰かに食べてもらいたいという気持ちで作るかどうかで味が全然違ってくる。昔、屋台の焼きそばがとてつもなくまずいことがあった。もともとそんなに美味しいものを期待していたわけではないし、どこで食べても同じだろうと思っていたのに、すごくまずかった。その時、焼きそばを作っていた若いお姉ちゃんが、そういえばものすごくダルそーに作っていた。もう嫌々やらさせれてますって雰囲気がでまくっていた。多分何をしているのかもわからず、ただただ言われた材料を鉄板の上でかき混ぜていただけなんだろう。仕事が楽しくもないし、もちろん美味しいものを作ろうなんて気持ちはゼロ。そんな気持ちの入ってにいない料理は材料は同じでも最悪にまずい。たまにそういうものに出くわすととてつもなく気分が悪くなってしまう。

話が脱線してしまったが、野菜作りもそれと似ている。自然の力に左右されるとはいえ、野菜作りも人の想いや気持ちが大きく結果に影響する。楽しく仕事をしている人が、美味しく食べてほしいなという気持ちで作った野菜はその栽培方法がどうとかいう問題ではなく基本的に美味しい。農薬がどうこうというのは一部分のことでしかなくて、もう「ロマン」があるかどうか。そこに魂がこもっているかどうか。はっきりいってそれしか野菜の良しあしの判断基準はない、というのが15年以上有機も慣行も両方扱ってきた八百屋の結論。

 

 

無農薬だからいいってわけじゃない

update:
2022.1.14
category:
考え方

店をはじめた15年以上前からずーっと思い続けてたまーに小出しにしてはいることだけど。15年前からずーっと無農薬野菜を売り続けてはいるんだけど。

やっぱり言いたい。無農薬だから安全安心とかマジそんなわけないから~!!って言いたい。

そりゃ農薬を一気飲みしたら多分死ぬ。でも塩を1k丸のみしたって多分死んじゃう。醤油を一気飲みしても病院行きで重体。でも誰も塩は危険だ、醤油は危険だっていうのを農薬と同じテンションでは言わない。

まあ、塩分とりすぎには気を付けましょうね~って感じくらい。
農薬だってそれでいいじゃないの、農薬のとりすぎには気を付けましょ~って(笑)。

そもそも農薬を取りすぎリスクなんて、塩分とりすぎリスクに比べたら比較にならないくらい低いリスク。農薬の許容量ってめちゃくちゃ厳しめに設定されている。これくらいの量を毎日とっても影響ないよ・・って量のさらに100分の1の量が残留農薬基準にされている(もちろん子供でも赤ちゃんでも)。そのくらい厳しい基準のうえに、残留農薬検査をしても約7割の野菜が残留農薬自体を検出しない。つまり農薬を使うことと「残留」しているかどうかっていうことは全然意味が違う。7割が残留していないなら無農薬野菜と一緒。残りの3割は検出されてもごく微量。

40年前、50年前と同じテンションで複合汚染だ~農薬が危険だ~とか言っているのもおかしい。その時代から農薬の安全性はどんどん進化して、昔の農薬に比べ格段に毒性が低くなっている。

日本は単位面積あたりの農薬使用量が世界一だ~、だから危険だ~みたいな煽りもよく聞く。あのね・・・例えば日本とアメリカと農業のやり方全然違うから。東京ドーム何個分どころか東京都まるごとくらいの広大な農地に、じゃがいもとか小麦が一面にザザーって栽培されてるのアメリカは。そんな広大な面積に、いちいち農薬丁寧にまいてられますかという話。しかもそもそも遺伝子組み換えとかで病害虫に強い品種に改良されていたり。気候だって日本のように高温多湿じゃない。日本は山間に挟まれた小さな畑にハウスをたてて、こんな高温多湿の環境の中でほうれん草作ったりトマト作ったりしている。そりゃあ単位面積あたりの農薬使用量は増える。でもだから危険だ~ってのは話が飛躍しすぎ。

「農家は自家用は農薬を使ってない野菜を別で育てている・・自分の出荷している野菜は農薬まみれだから食べない・・」とかいう謎の都市伝説(笑)。んなことあるかーーーい!!!って言いたい。例えばきゅうり専業農家だったとする。出荷用にはきゅうりばっかり作ってるわけで、毎日きゅうりばっか食べるの飽きるし食べない・・ってただそれだけのことでしょ(笑)。そのきゅうりのはね品とかB品、嫌っていうくらいきっと農家のみなさんは食べてますよ。でも普通に他の野菜も食べたいでしょ。農家やってるわけだし、野菜買うのさすがにあほらしいし土地はある、だから自家用の野菜はちょこちょこと家庭菜園みたいな感じで作る。で、それは無農薬かもしれない、だって農薬使うのめんどくさいし見た目とか気にしないし採算度外視だしね・・っていうのが多くの農家の風景だろう。

正直僕は農薬がどうとか気にして野菜を全く食べていない。もちろん家族にも一切そんなことは気にせず食べさせている。味だって下手な無農薬なんかよりよっぽど美味しい。健康面でいうなら、量をたくさん食べる、旬のものを食べる、新鮮なものを食べる。何より味しい野菜を食べる。これでほんと十分。農薬なんてとるに足らなすぎるリスク。

むしろ農薬以外にも農産物のリスクはたくさんある。農薬を使わないことで、病気や虫に負けて弱った野菜は元気がない。そういう野菜は野菜の体内で自ら農薬に似た成分の毒素を生成している場合もある。肥料過多で硝酸窒素過剰になると、とても有害になる。それは化学肥料だけでなく有機肥料でも起こりうる。無農薬だからって食べていても体には決していいわけではない。

健康になりたい、安全なものを子供に食べさせたい、という理由だけで無農薬野菜を選ぶのははっきり言って意味がない。安全性はスーパーで買っても自然食品店で買っても一緒。無農薬だから安全安心だよっていう売り方はしたくない。無農薬を買ってもらいたかったらそういうことじゃなくて、中身でガチンコ勝負していくしかない。

 

 

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top