ブログ

BLOG

開業準備編⑤ 超高級住宅街でまさかの開業

update:
2022.2.19
category:
開業準備編

「奇跡のひとしずく」で出会った、まさかの提案をしてくださったTご夫妻。
後日改めてご挨拶に伺った。

本当に八百屋をやらせていただいても大丈夫なのか・・・
お酒の席の勢いで言われたことで、後で気が変わられていたらどうしよう・・・
そんな不安も少しはあった。

たどり着いたご自宅は、俗に「社長通り」とすら言われる京都でも有数の閑静な高級住宅街だった。そして超立派な豪邸。こんなところで八百屋をやって大丈夫なのか・・ますます不安になった。

ご自宅に通していただき挨拶をする。
「本当に八百屋をやらせていただいてもいいのでしょうか・」
「もちろん!応援したいから」(神)
「あの、お家賃や電気代は少しはお支払いさせていただきたいのですが・・」
「いらない!だいじょうぶ!」(神)

うん、マジ神(笑)。本当の成功者、人格者とはこういう方なのだと知った。こんな方に応援していただけるなんて、ありがたいやら恐縮やら、でも頑張りたいと思った。

そして実際に八百屋となるガレージを見せてもらった。「僕は自転車の方が好きだから、車は乗らない。いらないと言ったのに工務店がガレージを作っちゃったから」と言われたそのガレージは物置になっていた。広さは十分だった。シャッターは電動式。そして道路との間には3メートルほどの軒先スペースがあった。「いいものがある」と持ってきてくれたのは緑の帆布製の大きなパラソルだった。広げるとマルシェ感があり、とてもイメージがよかった。閑静な住宅街なので人通りは少ないが、こんな場所でやれるなんて心底ありがたいと思った。

「そうだ、トイレはこっち」といって裏口に案内された。そこにあったのはなんと「おがくず式くみ取りトイレ」だった。用を足した後におがくずを入れることによって臭いがしなくなる。「いっぱいになったら、こっちの庭のコンポストに入れて」といってさらに裏庭に案内された。そこには、もともとテニスコートであったものを畑に変えたという自家菜園が広がっていた。「便は寝かせて畑の堆肥にするから。江戸時代のやり方だね。それから売れ残った野菜もここに入れていいよ」と言われた。Tさんは環境問題や資源問題を憂い、これからの生き方を見直さなければいけないという考えでライフスタイルを変えられた。会社を経営されながら、ご自身で有機農業を実践されていることに本当に驚き、尊敬の念を抱いた。そして感謝の気持ちを込めて、ありがたく便を畑に還元させていただきたいと思った(笑)。

開業準備編④ はじめて出会った農家さんたち 

update:
2022.2.18
category:
開業準備編

開業する前、生産者のとの繋がりを求めて無農薬野菜の宅配会社「安全農産供給センター」のイベントに参加した。そこで1人の自分と同世代の若い生産者と出会った。彼は伊賀の有機農業の研修農場で1年余りの研修を受け、その周辺で農地を借り農業をはじめたばかりだった。僕は自分が八百屋をやろうとしていること、有機野菜を扱いたいと思っていることを熱心に話した。彼も自分がやろうとしている農業について熱く話してくれ、意気投合した。自分と同世代の若者が同じように有機農業の世界で頑張ろうとしているを知り、とても嬉しくなった。応援したい、一緒に頑張りたいという気持ちなった。高齢化が進んでいると言われている農業の世界で、このタイミングで若手生産者と出会えたのは運命だと思えた。さらに、他にも2人同じように研修を受け独立した若者がいるという。場所は三重県の伊賀だった。凄い、これは行くしかない。

数日後現地を訪れ、他の2人のメンバーとも会うことができた。そして彼らの野菜を中心にしようと決めた。これからの農業を担っていく若い生産者の力になりたい、そして彼らのことを世に伝えたいと思った。安全農産供給センターに協力してもらい、週2回は安全農産の集荷便に便乗して宇治の出荷所まで運んでもらえることになった。その宇治に僕は野菜を取りに行く。そして週1回は自分で伊賀まで車を走らせ集荷に行き、一週間分の野菜の代金の支払いをし野菜の売れ行きや改善点などを話し合う・・そんな感じでいこうと決まった。

そしてオープンの2日前。まずは玉ねぎやにんにくなど、日持ちのするものを仕入れに伊賀まで行った。その帰り道、ああ僕はついに本当に八百屋になったんだ!ととても興奮して車の中で思わずうウオーッと絶叫した。そして積み込んだ野菜を見て、思い切り笑いが込み上げてきた。いきなり変わった自分の人生、つい3か月前までは想像もしていなかったこの展開を改めて思い返し、言葉にならない嬉しさとワクワク感、緊張感で胸がいっぱいになった。

片道2時間以上。もちろん高速など使わない。今の自分がアドバイスするとしたら、「あのな・・・経費考えたことあんのか、ガソリン代と自分の人件費考えてみ、絶対続かへんで・・もっと近くに農家さんもいるはずやで、もうちょっと考えてみ」と言うだろう。でもそう言われたとしても、当時の僕は「いやぁ~、わかってはいるんすけどね。行きたいんっすよ。えへへ(このおっさんつまんない夢のないやつだな)」と言って全く聞く耳をもたなかっただろう。とにかく想いの強さだけで突っ走っていた。自分で気付くまではなかなか変われないものだ。あ、やっぱりこれ無理かも・・って気づいたのは4カ月ほど続けた後だった。早かったのか遅かったのか。

開業準備編③ 東京視察旅行

update:
2022.2.17
category:
開業準備編

中央市場のアルバイトを3月末でやめ、開業は5月の連休明けあたりにしようと決めた。
お金も無いし、あまり時間をかけていられなかった。

妻の遼子とは当時からお付き合いをしていた。妻は当時、お酒の量販店に勤めていた。しかしオーガニック志向で、将来的には農業か八百屋か料理店をやりたいと考えている人だった。だから気が合った。妻も八百屋をやる気満々だった。立ち上げからずっと二人でいろいろなことを考え、進んできた。たまたま家が近かったこともあり、毎日のように一緒にご飯を食べながら立ち上げる八百屋についてあれやこれやと夢を語り合った。そんな時、妻が東京に行っていろいろなお店を廻ってみたいと言った。オープンしたら忙しくなるし、今しか行ける時ないよね、よし行っていろいろ勉強しようと東京に行くことを決めた。お金と時間を節約するため移動手段は夜行バス一択だった。

夜行バス⇒1泊⇒また夜行バスというスケジュールで丸2日いろいろと見てまわった。老舗の自然食品店や大型のオーガニックスーパー。ただどこを見ても、野菜が元気いっぱいという感じがあまりしなかった。本当におこがましいことこの上ないのだが、その時の僕らの感想は、「よし、勝ったな」だった(笑)。勝負の土台にすらまだあがれてもいないのに、まったく謎の根拠のない自信だけがあった。世間知らずの若者だった。

その当時の僕たちが、自分たちがやりたい八百屋のイメージとしてこびりついていたのが、外国のマルシェの写真だった。木箱やかごに色とりどりの野菜が無包装でモリモリと陳列されていて元気いっぱい。値札も黒板でなんかおしゃれな感じ。こんな八百屋を日本でもやりたい!できる!そう思っていた。そのイメージに近いお店がなかったから、「よし勝った」という感想になってしまった。しかし今ならわかる。野菜を毎日毎日、モリモリ元気いっぱいに新鮮に山積みにするのがどれだけ大変か・・。野菜を売ってもなかなか儲からないし、冷蔵ショーケースで売れる量だけ置いておこうというのが普通だ。この頃は、野菜を売る大変さをまだ全く理解できていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開業準備編② 中央市場でアルバイト

update:
2022.2.16
category:
開業準備編

朝5時出勤だから、4時には起きて当時住んでいた一乗寺から原付に乗って出勤。2月の早朝はとても寒くて朝起きるのが辛かった。確か週5で働いていた。

僕の職場は、京都や滋賀の近郷野菜が集まる「近郷野菜部」だった。事務所で着替えて、5時には現場へ降りる。その日セリにかけられる野菜が並べられている。社員さんから、あれをこっちに運べ、ここに並べろ等と言われて動くが、あまりたいした仕事はない。割とぼーっと時間を潰しながら、詰所でストーブに当たりながら、6時のセリが始まるのを待つ。

セリが始まると、次々にセリにかけられる野菜を大声で叫び(今競りにかけられている野菜を知らせる役目)、競り落とされた野菜に仲卸業者の番号をマジックで記入していく。そしてセリが終わるとその野菜を仲卸の店やあちこちにモートラで配送にまわった。かといって、これもそんなに忙しいわけではなかった。途中で社員さんに缶コーヒーをおごってもらい、やたらと長い休憩がいつも挟まれた。仕事が少ない日は仕事をふるのがめんどくさくなったのか(笑)、「ちょっと適当に休憩しといていいよー。1時間くらい」という謎の指示を出されることもあった。決まったルーティンワークが与えられることなく、あれせいこれせいと雑用をひたすら頼まれるか、それがなければ暇、という職場だった。暇な時間の方が圧倒的に多かった。バイトの立場としては楽して給料がもらえるのはまあ悪くはなかったが、仕事のやりがいは全くなかった。こんな仕事のさせ方をしていたら人件費の無駄使いも甚だしいと思った。にもかかわらず、「社員にならないか?」と誘われたこともあった。これ、僕何のためにいるのかな・・絶対僕必要ないよな・・と思いながら働いていた。

9時頃からは事務所に上がって、また謎の雑用を任される。社員さんから渡された伝票を、AボックスかBボックスに入れるみたいな。そのあとは何をしていたんだろう・・あまり覚えていない。大根の葉っぱを切ったり、冷蔵庫から冷蔵庫へ野菜を移動させたり、ほとんど言われるがまま働いていて、何をしていたのかよくわからない。

時間をもてあましてほとんど何もしていないのに、出勤時間は確か12時か13時くらいまであった。アルバイトなのに、なぜか全社員会議に参加させられたこともあった。社長の話は、「農業新聞は読んでいるか」とか「危機的な状況だ」みたいなことを言っていたと思うが、それを聞いている社員さんたちには全く何も響いていないようだった。みんなつまらなさそう、だるそうに黙って聞いていた(自分もそのうちの一人だったのだが)。僕だけでなく、他に働いている人たちのモチベーションもとても低いと感じた。僕のついていた社員さんは「パッとせんねー」が口ぐせで、いつも何かの愚痴を言っていた。

中央市場の流通システムを肌で身近に感じられたことはとても勉強になった。それまでアルバイトしていた八百屋は、美山の野菜だけを店主が集めてきて売っている特殊な八百屋だったので、中央市場とは全く接点がなかった。自分がこれからやろうとしている八百屋も、中央市場から仕入れるつもりは当時は全くなかったが、勉強のためにという気持ちで働かせてもらった。

2月後半から3月いっぱいの1カ月半ほどの短い間でアルバイトは終了した。短い期間しか働かず辞め、たいした仕事もしてこなかったのに何の文句も言われなかった。それどころか社員のみなさんは「これまでありがとうな」と優しい言葉をかけてあたたかく送り出してくださった。いい人たちばかりだった。しかしこののち約8年後、この会社は廃業してしまい京都中央市場の荷受け会社は1社だけになってしまった。

僕の方はこのアルバイトから約6年後、産直の八百屋でやり続ける限界を感じ買い手として中央市場に戻ってくることになるのであった。

開業準備編① 資金、スキル、計画性、オールゼロ

update:
2022.2.15
category:
開業準備編

僕の運命を変えた2006年2月8日。そこから僕は八百屋をやろうと決心した。
そしてオープンしたのは約3カ月後の5月10日。今思うと、決めてからかなり短期間でオープンしてしまっている。もっとちゃんと準備してからやれよ、と今なら言いたい。普通開業というと、資金をしっかり用意して、事業計画をしっかり立てて、スキルもしっかり身につけて、準備万端にして行うものだ。僕の場合、そのすべてがなかった。八百屋でアルバイトをしていたといっても、売り子をしていただけで仕入れや経営のことは一切やったことがなかった。貯金も当然なかった。車もない。完全にゼロからなのに、3カ月後にオープンしてしまった(笑)。

開業までの3カ月間にやっていたこと。

まず、中央市場で早朝のアルバイトをはじめた。早朝の仕事は時給もよく、野菜の流通の勉強にもなる。そして日中は八百屋開業のための準備に使える。セリ場で競り落とされた野菜を振り分けて運んだり、いろいろな雑用をこなした。1カ月半ほどお世話になった。

仕入れ先を探した。その当時は今ほど生産者の情報がネット上にあるわけではなかった。人づての紹介やイベントに参加して生産者との繋がりを探した。大学時代の先生に相談して、無農薬野菜の宅配業者を紹介してもらった。そして現地にたくさん足を運んだ。なんとか数名の生産者と繋がりを作ることができた。

東京に八百屋や自然食品店巡りにも行った。開業したらきっと忙しくてなかなか行くことができないだろうと、妻の遼子(この時はまだ結婚はしていない)と一緒にいろいろなお店を巡った。楽しかった。

A4ノートに、なぜ八百屋をやりたいのか、どんな八百屋がやりたいか、といったコンセプトを書きまくった。「世の中のためになる仕事がしたい。それが僕にとっては八百屋だった。それが僕に与えられた使命だった。」「無農薬のもの、季節のもの、できるだけ近場のものを売る。なぜそれを売るのか。その理由」そんなことをノートいっぱいに何度も何度も書いた。そしてノートの表紙には「初心忘るべからず」と書いた。今でもそのノートは持っていて、時々見返している。

銭湯の薪置き場から廃材を分けてもらい、野菜の陳列棚や看板を作った。手のこと金づちで作りペンキを塗った。でも基本不器用で下手くそなので、棚はガタガタのグラグラ。何度も作り直してやたら時間がかかってしまった。もっと他にやるべきことがあるやろ・・と今なら思う(笑)。リサイクルショップで業務用冷蔵庫を1万円で買った。車は5万円で知人の知人に譲ってもらった。3か月の間に何度も故障を繰り返すとんでもないポンコツカーだったが、なんとか乗りこなした。

親に事の顛末を報告しに行き、熱意をもって八百屋を本気でやりたいと伝えた。そして車を買う費用と開業資金として50万円を貸してほしいとお願いした。父は何も言わず黙って話を聞いた後、「わかった。100万円貸したるわ」と言ってくれた。ものすごく嬉しかった。親は、就職せず八百屋でアルバイトをしている息子のことをきっとかなり心配していた。ちゃんとした大学に入って、ちゃんとした会社に入ってほしかったのだと思う。京都のよくわからんマイナー大学(京都精華大学)に行ったあげく、就職はしないと言い出し八百屋で働いている息子のことはきっと悩みの種だった。ちなみにうちの父は銀行員。バリバリのエリートサラリーマンだった。親に心配をかけていることに、多少の後ろめたさを感じていた。そんな僕の言葉を信じてくれるのか不安だったが、親はいつも自分のことを全力で応援してくれる存在なのだと改めて知った。もう親を心配させたくないし認めてもらいたい。期待も裏切れないと、より決意は強くなった。資金面での援助は正直ありがたかった。というかこの100万円がなければ開業してからの数カ月、収入がほぼなかったので生きていけなかったかも。

開業準備期間は夢いっぱいで楽しかった。開業してからは、当然ながらもがき苦しむ日々が待っていた。明らかに準備不足だよね(笑)。

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top