ブログ

BLOG

大学時代編⑨ はじめての沖縄旅行

update:
2022.3.18
category:
大学時代編

有機農業の体験や八百屋でのアルバイトを始めた20歳後半。少しずつ自分の考え方の軸になるようなものができてきた。常に悩んでいた10代の煩悶の時期を過ぎ、「やりたいこと見つからない病」もあまり気にならなくなった。「今はとにかくいろいろなことを経験しよう」というシンプルな結論に落ち着いた。

そして一人旅をしてみようと思いたった。当時は2000年代初頭、バックパッカーブーム。インドやタイへの放浪の旅へ、多くの若者が「自分探し」にでかける時代だった。僕もそんな旅に憧れていたが、まずは国内旅行をしようと沖縄へ行くことにした。お金を節約するため「スカイメイト(26歳未満なら搭乗日当日、出発空港に空席がある場合に半額運賃で飛行機に乗れるシステム)」を使った。宮古島行きの便に空席があったのでその飛行機に乗り、行き当たりばったりの旅がはじまった。宮古島へ着くとまず宿をさがし、安い民宿へ泊った。その後ワクワクしながら歩き回り、おばあがやっている小さな小料理屋に入った。隣に座っている常連らしきおじさんに声を掛けられ楽しく飲みあかした。こんな偶然の出会いが面白いと思った。

次の日、どうしても八重山諸島に行きたかったのでまた「スカイメイト」を使い石垣島、そして石垣島からフェリーで竹富島へ。竹富島の美しい赤瓦屋根の沖縄家屋と綺麗な青い海が感動的だった。親がインドア派で子供の頃海で泳いだ記憶がなく、おそらくこの時はじめて海で泳いだ(笑)。遠浅の海で一人ではしゃいでいたが、最高に楽しかった。レンタサイクルで自転車を借り、島を一周し、夜は綺麗な星空を眺めた。安宿ではいろいろな旅人と交流した。その後西表島へ渡り、一人でトレッキングでジャングル探検をしたりマングローブをカヤックに乗って探検したり、シュノーケリングで美しい海を眺めたり、大自然とゆったりした時間の流れを知り感動した。日本最南端の島、波照間島へも行った。その後沖縄本島北部のやんばる地区へ行き、アルバイト先の八百屋の店主の友人である、ドレッドヘアのラスタマンのところへ遊びに行かせてもらった。

約2週間の旅だったがすっかり一人旅にはまった。また沖縄の大自然はもちろん、沖縄の人々の優しさや文化が大好きになった。そんなこんなで大学生活の後半は、八百屋で週3アルバイトをしてお金を貯め、休みになったら旅へ行くという生活になった。

大学時代編⑧ 八百屋でアルバイト

update:
2022.3.17
category:
大学時代編

夏の有機農業の旅から帰ってきて、より農業や野菜に対する意識が強くなった。将来は自給自足の生活を・・とは思っていたものの、まずはそれに近いライフスタイルや仕事を目指したいと思った。そしてまず自分にできること、ということでより野菜料理を熱心に作るようになった。もちろんその動機は綺麗事だけではなく、年上の彼女に認められたいという動機も大きかった(笑)。菜食料理の本を買いあさり、熱心に料理の勉強をした。料理を作って彼女の仕事の帰りを待つさながら主夫のようなことをしていた。そして野菜を買いに行くようになったのが当時下鴨にあった「キッチンガーデン」という八百屋だった。

キッチンガーデンは、京都の北部、かやぶきの里として有名な美山町在住の店主が、近隣の野菜を集めて街へ運び売っている八百屋だった。プロの農家が作った野菜ではなく、おじいさん、おばあさんが自給用の延長に作ったような、田舎の温かみを感じるような素朴な野菜を売っていた。当然旬の野菜しか置いておらず、夏に大根、冬にトマトはなかった。スーパーの野菜とは気色の違う野菜として、自然志向の方や料理人の方から一定の支持を集めていた。そんな土臭いスタイル、また「野菜は愛やで」と誰彼構わず話しまくるという店主の独特の人柄に惹かれ通うようになった。

大学生の男子が一人で買い物に来るのは珍しかったようで、ある日店主に声をかけられアルバイトを始めることになった。自分の好きな店で働くことができて嬉しかった。仕事は店番で、買い物に来られるお客さんの接客をした。いろいろな野菜に直に触れることができ、後に八百屋をやるうえで最低限の知識も得ることができた。

店主は「うちの野菜はじいさんばあさんが、孫を喜ばせるために作っている野菜なんや。だから愛がこもってるから美味しいんや。」とよく言っていた。今思えばキッチンガーデンの野菜はあまり洗練されておらず、あたりハズレも多かった。しかし店主は「それも含めて野菜なんや」といい検品や品質管理もあまり徹底していなかった。今でも「野菜は愛だ」というこの店主の言葉には影響を受けているし、栽培方法よりもそれが一番大事だと考えている。ただ検品や品質管理はこの店とは全く違い、ある意味反面教師にしてワンドロップではかなりこだわっているつもりだ。それでも野菜の品質のブレをどこまで許容するのか・・というのはいつも迷うところではある。春になればどうしたって花が咲く、大根にはスが入りはじめる。それを全部ダメだと言ってしまっていいのか。お客さんにももっと畑の移り変わりや野菜の性質をちゃんと説明して、理解してもらう努力も必要ではないのか、という葛藤はある。

八百屋でのアルバイトをはじめたのは20歳の冬の頃だった。それまでは飲食店でのアルバイトが多かったが、思えばこの時から20年来、ずっと八百屋の仕事しかしていない。にもかかわらず、この接客の下手くそ加減はなぜなのか(笑)。

大学時代編⑦ 長野の有機農家さんへ

update:
2022.3.16
category:
大学時代編

「愛農高校」での有機農業合宿を終え、その足で友人に紹介してもらった長野の有機農家さんのところへ向かった。青春18切符を使い鈍行でゆっくりと向かう電車の旅。途中岐阜の地方駅で野宿しようとしていたら酔っぱらいのおじさんに声をかけられ、ご飯をごちそうになり家に泊めてもらった。いい人だったが、今考えると知らない人についていくのはちょっと怖い(笑)。翌日、目的地である長野県南佐久郡小梅町へ到着。標高1000メートル超えの高原を走る電車から見えた景色がとても綺麗だった。が、疲れていたのかうっかり寝過ごして目的駅を通り過ぎてしまい、初日から遅刻するという失態をおかしてしまった(笑)。

受け入れてくださったのは長野の的埜さんという有機農家さんだった。それまで農家さんというとワイルドなイメージがあったが的埜さんは知的でスタイリッシュでかっこいい人だった。奥様はとても優しい、柔らかい雰囲気の方だった。ご自宅は古い日本家屋でとても趣があり、目の前には広がる畑と美しい山々の景観と澄み切った空気。そうそう、僕のイメージしていた田舎暮らしはこんな感じだと思った。

真夏だったが、標高が高いため朝は寒く驚いた。いろいろなお手伝いをさせてもらった。メインはやっぱり草むしり。炎天下の下ひたすら草むしりは疲れたが、達成感があった。ジャガイモ掘りや収穫作業は楽しかった。そして野菜の美味しさに感動した。採れたてのミニトマトの甘さやきゅうりの美味しさに驚いた。

的埜さんは東京出身で非農家から新規就農。新規就農で有機農業で生計を立てて素敵な暮らしをされていて、本当に凄いなと思った。地域の温泉や観光施設に連れていってもらったり、農作業だけでなく農家さん達の集まりにも参加させてもらったりと、様々な経験をさせていただいた。唯一少しはお役に立てたかなと思うのはお子さんの遊び相手になれたこと。絵本を読んだり一緒にお風呂に入ったり。子供は好きだったので楽しかった。

約10日間ほどお世話になり、帰る時に駅で封筒を渡された。中にはお金が入っていた。いや、こんなの受け取れませんと言ったが「若者は断らなくていい、受け取っていいんだよ」と言われありがたく受け取った。お気持ちがとても嬉しかった。長野から京都へ帰り有機農業の旅は終わった。迷える子羊のような20歳だったが、現場を体験してすこーしだけ自分に自信を持てるようになった。

この後の約6年後、八百屋を開業して2年が過ぎた頃野菜が全然揃えられず困っていた時に思い立って連絡をした。そして快く野菜を出荷していただき、大変助けていただいた。そしてその後、今度は産地廻りという形で妻と一緒に訪問させていただいた。

大学時代編⑥ 有機農業夏合宿

update:
2022.3.15
category:
大学時代編

20歳の夏、三重県にある「愛農高校」の有機農業を学ぶ夏合宿に参加した。若い同世代の人に会えるかなとわくわくしながら参加したのだが、参加していたのはほとんど親世代の人だった。同世代の男子は一人もおらず、大学生の女子が二人だけだった。相部屋で、7~8人くらいで大きな部屋で雑魚寝で過ごすのだが、おじさん達の中に俺一人だけか・・とちょっとショックだった(笑)。

朝は確か6時起床でまず体操からはじまる。朝食は玄米とみそ汁。その後講義や実習が夕方まで続く。自由に外出もできないしお菓子も食べられない(笑)。正直、結構大変なところにきてしまったなと思った。それまではオーガニックに傾倒していたとはいえ、まだまだファッション、カッコつけでやっていた部分があった。それがいきなりガチガチの有機農業の本流ともいうべきところに来てしまい、考えが甘かったなと思った。参加している人は、脱サラして本気で就農を考えている人が多かった。僕のように「自分探し」みたいなノリで参加している人は少なかったように思う。

それでも数日経てばだんだんと慣れてきた。そして同世代の女子二人とは仲良くなり実習などでは一緒に過ごし楽しかった。実習では近隣の有機農家さんのところへ手伝いに行った。どんな作業をしたのかはあまり覚えていないが、夏だったし虫がすごいな・・と思ったことだけは覚えている。またお手伝いにいった農家さんの暮らしが、正直かなり大変そうだなと思った。それまでは、頭でっかちに有機農業が大切だ、環境問題を解決しなければいけないと何も知らずに思っていたが、現場のリアルでディープな世界を知った。

講義は専門的な話は難しくついていくのが大変だったが、かなり盛沢山の内容でいろいろな講師の方が来られていた。精華大学の槌田先生や、京都大学の西村先生も講義に来られていた。その時はまだその先生方がどれだけすごい方かということをわかっていなかった。後にワンドロップで販売することにな岐阜のハム屋さん「ゴーバル」の方も畜産の講義で来られていた。その時の印象をうっすらと覚えていて、それから10数年後、ハムを扱おうと思った時に思い出して調べて連絡をした。今ではワンドロップの大人気商品になっている。

とある授業では自然農法についての講義があった。肥料も農薬も使わない自然農法。凄いな!と思ったが、素朴な疑問として「自然農法で世界の人の食料を賄えるんですか」と質問した。すると「そういう質問はあまり意味がないです。」といったことを言われちょっとショックだったことを覚えている。

同じ部屋のおじさん達ともだんだん仲良くなった。島の名前は忘れたが瀬戸内海の離島から来られている方もいて、この合宿の後数か月後に訪ねて行ったこともある。いろいろな人生があるんだなと思った。

そんな盛沢山の夏合宿。頭でっかちの20歳はほんのすこーしだけ逞しくなれたのかもしれない。今思えば後の人生の考え方にも仕事にもつながる、貴重な体験をした10日間だった。

大学時代編⑤ オーガニックへ傾倒する20歳 

update:
2022.3.12
category:
大学時代編

大学2回生の頃、影響されやすいのでどんどんオーガニックに傾倒していった。自己完結する分にはどんな暮らしをしようが自由だが、当時はまだ大人と子供の間のような19歳~20歳。たまに実家に帰ると親に対して「エアコンの電源を消せ」だの「調味料はなんでこんなん使ってるん」だの「有機野菜を買え」だのとかクソ生意気なことをいう第二反抗期のような状態になってしまった(笑)。いきなりそんなことを言い出すので親は一体何がおきたと思っただろう。未だに「あの頃、亘にこんなことを言われた・・」と親に言われる(笑)。本当に申し訳なかったと今なら思うのだが、当時はそれが正義だと振りかざしていたのだと思う。また、過去の自分を否定したいという気持ちがあったのかもしれない。

よくわかってもいないくせに、頭でっかちに資本主義文明社会は環境を破壊し貧富の差も拡大させているからダメだと思っていた。そして将来は自給自足の生活をしなくてはいけないと思いはじめた。そんな頃大学で「有機農業夏季研修生募集」といったチラシを見つけた。三重にある「愛農高校」という農業高校で、有機農業が学べるプログラムが盛沢山の10日間の合宿、という内容だった。有機農業の現場で農作業を実際に体験したり、有機農業について講義があったり、また食事も自然食的な食事が出されるということでとても興味をもった。もしかしたら自分と同じような考えの若者と出会えるかもしれないとも思った。そして夏休み、この合宿に申し込んだ。

またさらに、大学の友人の知人が長野で有機農業をしていると聞き、紹介してもらい現地へ行き農業体験をさせてもらうことになった。それまでまったく農作業などしたことがなかったのに、この2002年の20歳の夏は三重で10日間、そのまま長野へ移動してまた10日間と、有機農業の世界へと旅する夏になった。

2 / 1012345...10...最後 »

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top