代表ブログ

OWNER'S BLOG

中央市場

update:
2019.6.8
category:
店主のブログ

今日市場から仕入れたゴーヤ、箱の下の段に入っていたものにカビが生えていた。結局10本くらい捨てた。

市場から仕入れると、時々こういうものをつかまされる。

レタスなんかもひどいもんだ。16個入りのうち、必ず1個か2個はロスにしないといけない。

お世話になってるし、品揃え上頼らざる得ない部分もあるが、それにしてもなんだかなぁと思うことは多々ある。

とにかく鮮度が悪すぎる。そもそも市場にたどりつくまでに時間がかかりすぎるし、そのうえ市場のなかで在庫として数日置かれる。管理状態も悪いし検品なんてしていない人がほとんど。単に箱を右から左へ横流し。

働いている人の仕事の効率も恐ろしく悪い。伝票を手書きで書くだけの人、レタスとブロッコリーだけが担当の人、人参とじゃがいもだけが担当の人、モートラで配達するだけの人。狭い中で仕事が縦割りで分断されていて、野菜の値段ひとつ聞いても「そんなん俺は知らん。あっちに聞いて」とか「○○さん帰ってくるまでまっといて」といちいちたらいまわしにされて無駄に時間がかかる。それくらいぱっとわかるようにしといてよ、何年やってんの。っていいたくなる。

スポーツ新聞読んで煙草吸って、たむろしてだらだらとだべっているやる気のなさそうな人がやたら目につく。野菜市場を取り巻く現状は切迫しているはずなのに、まったく現状を改善しようという気概が見えない。それを見ているだけでイライラしてくる。

できるだけ市場に頼らず仕入れをしたいが、品揃え上どうしようもないものは頼らざるえない。また果物は産直はほんとに難しいので、市場仕入がメイン。

個人個人は悪い人ではないし、頑張っておられる方もたくさんいらっしゃると思う。ただこの旧態依然とした体質というか雰囲気をなんとかしてほしい。

 

Category

  1. お知らせ
  2. 店主のブログ
  3. レシピ
  4. 京都オーガニックアクション
  5. 野菜いろいろ

New Entry

  1. 店づくり②
  2. レタスのぼやき
  3. 野菜の値段
  4. 野菜の品質
  5. 八百屋の悩み

Archive

  1. 2020年6月
  2. 2020年1月
  3. 2019年8月
  4. 2019年7月
  5. 2019年6月
  6. 2019年5月
  7. 2018年8月
  8. 2018年7月
  9. 2018年5月

Page Top