代表ブログ

OWNER'S BLOG

レタスのぼやき

update:
2020.1.28
category:
店主のブログ, 野菜いろいろ

市場でレタス買うのほんま嫌。

レタスって1箱買うと15個~16個入っていて、2段重ねになっている。

そうすると、下に入っている8個は上の重みに押されて、必ずといっていいほど葉っぱがバキバキに折れている。

そして折れたところは赤く変色している。

これが毎回。必ず1個か2個は捨てて、1個か2個は見切り品にして、もういい加減にしてくれ!っていう気分になる。

キャベツとか白菜とかは、そんなにひどいことはない。

市場で買う野菜の中で、とにかくレタスはひどい。夏の長野も、冬の岡山徳島淡路、どこの産地もたいがいひどい。

不良品率が高すぎる。でも市場の人たちは「レタスってそんなもんやろ。そんなん承知で買えや」くらいにしか思ってない。

あーもう嫌になる。

 

全国のレタス産地方に声を大にしてお願いしたい。

レタスの2段詰めやめませんか~?下の段、必ず傷んでますよ~!

そもそもレタス16個入りってうちみたいな八百屋からすると多すぎる!

キャベツとかは8個入りなわけだし、レタスも8個とか10個入りの平箱とかにしてほしい!

 

多分産地で箱詰めしたときは状態がよくても、市場流通で時間が経つと劣化が目立つんだろう。

産直で仕入れたレタスなら、こんなに悩むことはない。鮮度も品質もいい。 

ただレタスの地物があるのは春と秋の短い期間だけ。

サニーレタスとかリーフレタスなどの非結球レタスは比較的作りやすく、真冬でも産直で仕入れられるのだが、

結球レタスは栽培が難しく夏は涼しいところ、冬は温暖なところでしか作れない。

遠地から仕入れるには大きすぎて、送料がかかりすぎる。

だから市場仕入に依存せざるをえないのだが、そうするとこういうことに悩まされる。

 

Category

  1. お知らせ
  2. 店主のブログ
  3. レシピ
  4. 京都オーガニックアクション
  5. 野菜いろいろ

New Entry

  1. 店づくり②
  2. レタスのぼやき
  3. 野菜の値段
  4. 野菜の品質
  5. 八百屋の悩み

Archive

  1. 2020年6月
  2. 2020年1月
  3. 2019年8月
  4. 2019年7月
  5. 2019年6月
  6. 2019年5月
  7. 2018年8月
  8. 2018年7月
  9. 2018年5月

Page Top