ブログ

BLOG

ONE DROPの企業理念

update:
2018.5.22
category:
店主のブログ, 経営

前回のブログでは、なぜわざわざ企業理念を作ろうと思ったのかを書きました。

今回はその企業理念を発表したいと思います。下記、下線を引いている部分が本文です。

 

ONE DROPの企業理念 

情熱をもって農業に挑む生産者の、力強いパートナーになること

 

「農業は、とても大事な産業です。産業という以前に、農業なしでは私たちの食がなりたたず、生きていくことすらできません。私たちは農業に「生かされている」のであり、農業はもっとも大事なライフラインであると思います。

農業の重要性はそれだけではありません。例えば地域の伝統野菜や、その地域でしか作れない特産品など、多様な食文化の根本を担っているのが農業です。国の景観や環境という側面でも、農地が荒れ放題では国が荒れているのと同じです。

しかしながら、そんな農業を担う生産者にはいつも困難がつきまといます。自然を相手に天候に左右され、思うようにならないのが農業です。農業で生計を立てるのは、なかなか容易なことではありません。また担い手の高齢化、耕作放棄地の増加など、農業を取り巻く状況は困難です。

そうした困難な農業ではありますが、夢とやりがいを持って農業に挑む生産者がたくさんいます。それは例えば、美味しい野菜を作って感動させたいという想い。先祖から受け継いだ農地を未来へ引き継いでいきたいという想い。農村や地域の自然環境を守るために、有機栽培をしたいという想い。そんな様々な想いを持ち、情熱に満ちて農業挑む生産者と私たちは出会ってきました。

当初、私たちは無農薬野菜だけを取り扱う八百屋でした。しかし、様々な素晴らしい生産者に出会う中で、農薬や化学肥料の使用の有無は農業の一側面にすぎない(使いすぎはダメということは大前提ですが)と思うようになりました。そしてそのことだけで、生産者を線引きすることはしたくないと考えるようになりました。

スタイルや栽培方法は違っていても、規模の大小があったとしても、そこに自分以外の誰かを想い、心をこめて野菜を作るという情熱はみな同じです。

そんな情熱を持った生産者がたくさん増え、日本の農業を担っていけば日本の農業の未来は明るく、日本の食の未来も明るい。

私たちはそのように考え、情熱をもった生産者に共感し、その想いを伝えながらより多くの人にその野菜を届けることで、生産者の力強いパートナーになることを目指します。」

 

以上が、ワンドロップの企業理念として掲げた内容です。我ながら・・なかなかキレイにまとまっているなと思います(笑)。いやでも本当に、農家さんのお役に立てるような八百屋になりたいと思っているのです。農家さんが、「ワンドロップさんたくさん売ってくれるね~」と喜んでもらえることが自分としては一番嬉しく、モチベーションが上がります。もっともっとたくさん野菜を売れるようになって、農家さんに「さっすがワンドロップさんや!頼りになるわ!カッチョいい~♪」とか言われたいのです(笑)。

でもなかなか実際は、商売でやっている以上そんなカッチョいい事ばかりではありません。「もっと安くしてもらえませんか?」とか()、「スンません、あんまり売れていないんで次の注文分キャンセルで・・」とか()、そんなお願いをしないといけないこともしょっちゅうです。また「売り先探しているんやけど・・」とお声掛けしてもらっても、お断りしないといけないことも多いです。そんな時は、販売力の無さに無力感を感じます。

今の現実はそんな零細八百屋ではありますが、それでも企業理念として何を掲げるべきか?と考えたとき、創業時からの一番のモチベーションは農家さんの役に立ちたいということであり、その想いが今もやはり一番自分を突き動かしています。だからその想いを企業理念として掲げることにしました。 

その目標のために何ができるか?といえば、繰り返しになりますが、まずは販売力をもっと強くしてもっとたくさん野菜を売れるようになりたい!ということがまず具体的な一つの目標です。そのためにお客さんに喜ばれる店作りをしないといけません。でも、すぐに売上を倍にできるわけではない・・と思うと、「店頭で売る」ということ以外にも、何か貢献できることはないか・・?ということも考えてはいます。が、経営センスと資金力が完全に不足しているので次の展望が全くわかりません。そんなわけで今はとにかく、ただひたすら目の前の野菜を一つでも多く売るのみ!

 

企業理念を作ろうと思った訳

update:
2018.5.9
category:
店主のブログ, 経営

今年の510日でワンドロップは創業12年になります。創業当初の想いは、「八百屋をやることで有機農業に貢献したい。生産者の力になりたい」でした。そして店の取り扱いのコンセプトは、「無農薬のもの」「できるだけ近場のもの」「誰が作ったのかわかるもの」「季節のもの旬のもの」の4つでした。

そんな夢と理想と使命感に燃えていた創業当初でしたが、もちろん現実はそんなに甘くはなく、幾度となく壁にぶちあたり砕け散りそうになりました。悪戦苦闘の日々の中、理想はいろいろあるけれど、とにもかくにも「八百屋で生計を立てられるようになる」ということがこの12年間の自分たちの最大の目標でありました。 

はじめは民家のガレージで、知り合いになった数件の若手有機農家の野菜を仕入れることからはじめました。彼らの野菜を仕入れるために、三重県の伊賀まで片道2時間かけモロヘイヤ10束とその他少々だけを仕入れに車を走らせたりもしていました。今となっては若かりし日のいい思い出です。

日本中の生産者を訪ね廻ってあちこち飛びまわっていた時期もありました。夫婦二人で、軽バンで長野を縦に横断して新潟県の魚沼まで抜け、そこから日本海側を通って福井県の味噌屋さんによって帰るという無茶なことをしたこともありました。もう9年前のことですが、それもまた今となってはいい思い出です。

またある時は、「無農薬や減農薬の産直野菜」縛りによる品揃えと値段に限界を感じ、意を決して中央市場に突撃をしました。そこでまた新たな世界が開かれ、今までなかった野菜や果物との出会いがありました。既存の市場流通に対するアンチテーゼとしての八百屋としてはじまったはずなのに「市場サイコ―やん!」とあっさりテノヒラクルーしてしまいました。その頃は毎朝市場に通っては品物探しに勤しんでおりました。

こだわりショップや!ええもんを売らなあかんのや!と高級路線に走って高いメロンやマンゴーを並べてみたこともありました。

一流レストランに買ってもらって鼻タカダカや!とレストランが喜びそうな珍しい野菜をやたらと取り揃えてみたこともありました。

野菜だけじゃ売上が足りないからと、肉も豆腐も牛乳も餃子も焼売も冷麺もお菓子もパンも、これでもかと商品を増やしました。

そんな様々な変遷を経てきたワンドロップは、よく言えば「お客さんの要望に合わせ柔軟に変化した」ともいえますが、早い話がブレブレです()。でもそうやってブレまくっていろいろなことにトライしてみたおかげで、失敗や無駄に終わったことも数限りなくありましたが、その一つ一つが血となり肉となり、何とか八百屋として生計を立てられるようにはなりました。また際限なく取り扱い商品の幅を広げてきたものの、顔が見えて人柄も知っている農家さんの、できるだけ無農薬や減農薬の野菜を中心にすることはずっと続けてきました。

そんな時代を振り返り今思うこと。それは「自分たちが本当にやりたいこと、売りたいものとその値段」と、「お客さんが求めているものとその値段」は往々にして一致しないということです。「オレの理想の追求。オレの売りたいものしか売らない」というオレ流で受け入れられるお店も世の中にはあります。でもうちの場合、なんせ扱っているものが薄利多売の野菜なので、ある程度は幅広くお客さんに来ていただかないといけません。その一方で、お客さんが欲しいものをなんでも取り揃えていたら、極端な話、はいサランラップどうぞー、はいトイレットペーパーはこちらです~、はいお弁当温めます~と、究極はコンビニのような店になってしまいます。中途半端なコンビニで本家コンビニに勝てるわけがありません。そこがお店の難しいところです。つまりお店を運営していくためには、「自分たちのやりたいこと」と「お客さんのニーズ」をできるだけすりあわせ、その両方のバランスをとっていくことが大事ではないかというのが、いろいろと迷走した12年の末の結論です。

12年かかりましたが八百屋で生計を立てるという目標は、一応クリアしました。それから法人化もして株式会社になりました。そして今あらためて、自分たちの軸って何やねん?本当は何がやりたかったんやっけ?ということを見つめ直しました。これから先はもう迷子にならず、ブレずに進んでいくために、いや多少ブレても戻ってこられるように()、ちょっと堅苦しいですが企業理念というものをきちんと作ろうと思いました。

そんな企業理念を次回は発表したいと思います。

Category

  1. お知らせ
  2. 店主のブログ
  3. レシピ

New Entry

  1. とうもろこし物語
  2. しそジュースの作り方
  3. ONE DROPの企業理念
  4. 企業理念を作ろうと思った訳
  5. ブログをはじめます

Archive

  1. 2018年7月
  2. 2018年5月

Page Top