ブログ

BLOG

開業準備編② 中央市場でアルバイト

update:
2022.2.16
category:
開業準備編

朝5時出勤だから、4時には起きて当時住んでいた一乗寺から原付に乗って出勤。2月の早朝はとても寒くて朝起きるのが辛かった。確か週5で働いていた。

僕の職場は、京都や滋賀の近郷野菜が集まる「近郷野菜部」だった。事務所で着替えて、5時には現場へ降りる。その日セリにかけられる野菜が並べられている。社員さんから、あれをこっちに運べ、ここに並べろ等と言われて動くが、あまりたいした仕事はない。割とぼーっと時間を潰しながら、詰所でストーブに当たりながら、6時のセリが始まるのを待つ。

セリが始まると、次々にセリにかけられる野菜を大声で叫び(今競りにかけられている野菜を知らせる役目)、競り落とされた野菜に仲卸業者の番号をマジックで記入していく。そしてセリが終わるとその野菜を仲卸の店やあちこちにモートラで配送にまわった。かといって、これもそんなに忙しいわけではなかった。途中で社員さんに缶コーヒーをおごってもらい、やたらと長い休憩がいつも挟まれた。仕事が少ない日は仕事をふるのがめんどくさくなったのか(笑)、「ちょっと適当に休憩しといていいよー。1時間くらい」という謎の指示を出されることもあった。決まったルーティンワークが与えられることなく、あれせいこれせいと雑用をひたすら頼まれるか、それがなければ暇、という職場だった。暇な時間の方が圧倒的に多かった。バイトの立場としては楽して給料がもらえるのはまあ悪くはなかったが、仕事のやりがいは全くなかった。こんな仕事のさせ方をしていたら人件費の無駄使いも甚だしいと思った。にもかかわらず、「社員にならないか?」と誘われたこともあった。これ、僕何のためにいるのかな・・絶対僕必要ないよな・・と思いながら働いていた。

9時頃からは事務所に上がって、また謎の雑用を任される。社員さんから渡された伝票を、AボックスかBボックスに入れるみたいな。そのあとは何をしていたんだろう・・あまり覚えていない。大根の葉っぱを切ったり、冷蔵庫から冷蔵庫へ野菜を移動させたり、ほとんど言われるがまま働いていて、何をしていたのかよくわからない。

時間をもてあましてほとんど何もしていないのに、出勤時間は確か12時か13時くらいまであった。アルバイトなのに、なぜか全社員会議に参加させられたこともあった。社長の話は、「農業新聞は読んでいるか」とか「危機的な状況だ」みたいなことを言っていたと思うが、それを聞いている社員さんたちには全く何も響いていないようだった。みんなつまらなさそう、だるそうに黙って聞いていた(自分もそのうちの一人だったのだが)。僕だけでなく、他に働いている人たちのモチベーションもとても低いと感じた。僕のついていた社員さんは「パッとせんねー」が口ぐせで、いつも何かの愚痴を言っていた。

中央市場の流通システムを肌で身近に感じられたことはとても勉強になった。それまでアルバイトしていた八百屋は、美山の野菜だけを店主が集めてきて売っている特殊な八百屋だったので、中央市場とは全く接点がなかった。自分がこれからやろうとしている八百屋も、中央市場から仕入れるつもりは当時は全くなかったが、勉強のためにという気持ちで働かせてもらった。

2月後半から3月いっぱいの1カ月半ほどの短い間でアルバイトは終了した。短い期間しか働かず辞め、たいした仕事もしてこなかったのに何の文句も言われなかった。それどころか社員のみなさんは「これまでありがとうな」と優しい言葉をかけてあたたかく送り出してくださった。いい人たちばかりだった。しかしこののち約8年後、この会社は廃業してしまい京都中央市場の荷受け会社は1社だけになってしまった。

僕の方はこのアルバイトから約6年後、産直の八百屋でやり続ける限界を感じ買い手として中央市場に戻ってくることになるのであった。

開業準備編① 資金、スキル、計画性、オールゼロ

update:
2022.2.15
category:
開業準備編

僕の運命を変えた2006年2月8日。そこから僕は八百屋をやろうと決心した。
そしてオープンしたのは約3カ月後の5月10日。今思うと、決めてからかなり短期間でオープンしてしまっている。もっとちゃんと準備してからやれよ、と今なら言いたい。普通開業というと、資金をしっかり用意して、事業計画をしっかり立てて、スキルもしっかり身につけて、準備万端にして行うものだ。僕の場合、そのすべてがなかった。八百屋でアルバイトをしていたといっても、売り子をしていただけで仕入れや経営のことは一切やったことがなかった。貯金も当然なかった。車もない。完全にゼロからなのに、3カ月後にオープンしてしまった(笑)。

開業までの3カ月間にやっていたこと。

まず、中央市場で早朝のアルバイトをはじめた。早朝の仕事は時給もよく、野菜の流通の勉強にもなる。そして日中は八百屋開業のための準備に使える。セリ場で競り落とされた野菜を振り分けて運んだり、いろいろな雑用をこなした。1カ月半ほどお世話になった。

仕入れ先を探した。その当時は今ほど生産者の情報がネット上にあるわけではなかった。人づての紹介やイベントに参加して生産者との繋がりを探した。大学時代の先生に相談して、無農薬野菜の宅配業者を紹介してもらった。そして現地にたくさん足を運んだ。なんとか数名の生産者と繋がりを作ることができた。

東京に八百屋や自然食品店巡りにも行った。開業したらきっと忙しくてなかなか行くことができないだろうと、妻の遼子(この時はまだ結婚はしていない)と一緒にいろいろなお店を巡った。楽しかった。

A4ノートに、なぜ八百屋をやりたいのか、どんな八百屋がやりたいか、といったコンセプトを書きまくった。「世の中のためになる仕事がしたい。それが僕にとっては八百屋だった。それが僕に与えられた使命だった。」「無農薬のもの、季節のもの、できるだけ近場のものを売る。なぜそれを売るのか。その理由」そんなことをノートいっぱいに何度も何度も書いた。そしてノートの表紙には「初心忘るべからず」と書いた。今でもそのノートは持っていて、時々見返している。

銭湯の薪置き場から廃材を分けてもらい、野菜の陳列棚や看板を作った。手のこと金づちで作りペンキを塗った。でも基本不器用で下手くそなので、棚はガタガタのグラグラ。何度も作り直してやたら時間がかかってしまった。もっと他にやるべきことがあるやろ・・と今なら思う(笑)。リサイクルショップで業務用冷蔵庫を1万円で買った。車は5万円で知人の知人に譲ってもらった。3か月の間に何度も故障を繰り返すとんでもないポンコツカーだったが、なんとか乗りこなした。

親に事の顛末を報告しに行き、熱意をもって八百屋を本気でやりたいと伝えた。そして車を買う費用と開業資金として50万円を貸してほしいとお願いした。父は何も言わず黙って話を聞いた後、「わかった。100万円貸したるわ」と言ってくれた。ものすごく嬉しかった。親は、就職せず八百屋でアルバイトをしている息子のことをきっとかなり心配していた。ちゃんとした大学に入って、ちゃんとした会社に入ってほしかったのだと思う。京都のよくわからんマイナー大学(京都精華大学)に行ったあげく、就職はしないと言い出し八百屋で働いている息子のことはきっと悩みの種だった。ちなみにうちの父は銀行員。バリバリのエリートサラリーマンだった。親に心配をかけていることに、多少の後ろめたさを感じていた。そんな僕の言葉を信じてくれるのか不安だったが、親はいつも自分のことを全力で応援してくれる存在なのだと改めて知った。もう親を心配させたくないし認めてもらいたい。期待も裏切れないと、より決意は強くなった。資金面での援助は正直ありがたかった。というかこの100万円がなければ開業してからの数カ月、収入がほぼなかったので生きていけなかったかも。

開業準備期間は夢いっぱいで楽しかった。開業してからは、当然ながらもがき苦しむ日々が待っていた。明らかに準備不足だよね(笑)。

奇跡のひとしずく

update:
2022.2.14
category:
開業準備編

今から16年前の2006年2月8日。この年の冬は大雪ばかりでとても寒かった。

23歳だった僕はこの日無職になった。そして同じこの日から、まさに天から落ちてきた奇跡のような「ひとしずく」によって、僕の八百屋人生は始まった。

大学を卒業してからまだ1年もたっていない冬だった。僕は就職活動は一切せず、学生時代からアルバイトしていた八百屋での仕事を続けていた。

この日の約2週間前、勤務先の店主が心身共に不調をきたし、店に出勤してこなくなった。僕は知り合いの八百屋に助けてもらい、なけなしのポケットマネーをつぎ込んで商品を仕入れなんとか2週間頑張ったが、先も見えずもう限界だった。借金取りからの鳴りやまない電話。最終的には電話線を抜いた。ついには店に取り立てが殴り込んできたこともあった。どこにいる!と詰められとても怖かった。

自分の仕事を失いたくないという思いももちろんあった。しかしもうこれ以上続けることはできないと決め、2月8日、在庫の商品を売りつくして店を閉めた。その間、店主とは音信不通のまま。やりきれない虚しさ、この先どうなるんだろうという不安、緊張状態から解放された少しの安堵感、そして疲労感。それらが入り混じった気分だった。

そしてその夜、一緒に働いていたアルバイト仲間と一緒に、いつもよくしてもらっていた近くの小さな料理屋さんで打ち上げをしていた。

「これからどうするー?」
「なんも決まってないっすねー。沖縄でもいこっかな~」

こんな会話をしていた、そんな時だった。とあるご夫妻が来店された。そのご夫妻は、僕の勤務先のお客さんでもあった。そして、ご夫妻にこの料理屋を紹介したのは僕だった。買い物に来られた時に、このお店美味しいですよとショップカードを渡したのだった。そしてはじめてご来店されたのがこの日だった。僕は軽く会釈をした。ご夫妻は奥のテーブルへ。

しばらくして、僕たちはそのテーブルに呼ばれた。
「あの店、無くなっちゃうんだって?」
「はい、そうなんです」
「君は、これからどうするの?」
「いやぁ、なんも決まってないっす。沖縄でも行こうかな~と。沖縄好きなんで」
「君は、なんであの店で働いていたの?」
「環境問題や、オーガニックに興味があって、、そういう生き方とか働き方ができたらいいなって」
「なるほど。君は、そういったオーガニックや農業にかかわる仕事がしたいのか?」
「はい。いつかはそうしたいと思ってます」
「じゃあ、君に一ついい提案をしよう。僕の家のガレージが空いている。そこを使って八百屋をやってみたらどうだ?」
「ええええぇーーーーーー!!!!!!」

こんな素敵なご夫妻、普通いる?ありえないよね?っていう信じられないような話の、漫画のような展開。でもこれが本当にワンドロップの始まりだった。

もし僕がご夫妻にショップカードを渡していなかったら。
もしご夫妻が来店するのがこの日ではなかったら。
僕は今頃沖縄にいたのかもしれない(笑)。人生は何が起こるかわからない。
無職になったひどい日に、希望の蜘蛛の糸よのうな一滴が天から落ちてきた。
本当にこのご夫妻なくしてはワンドロップのスタートはなかった。感謝してもしきれない。

店の名前

update:
2022.2.12
category:
考え方, 開業準備編

「ワンドロップ」ってなんですか、どういう意味ですかって時々聞かれる。

この名前にたどり着くまでには、そういえばボツにした案も結構いろいろあった。

月桃
(ゲットウ。意味が全くわからん笑。なぜこれにしようと思ったのかも全く意味不明)

オルガニポニカ
(キューバの都市型有機農業形態を表す言葉。なんか響きがかわいいとは思ったけど、覚えてもらえなさそう笑)

小谷商店
(行き詰って考えるのがめんどくさくなってヤケクソ笑)

などなど。多分他にもあったと思うけどもう思い出せない。そんないろいろな紆余曲折の末「ONE DROP」という名前になった。どうしてそうなったかというと、その頃ボブマリーが好きで良く聞いていた。そして曲のタイトルから何か使えそうなものがないかなと探していたら「ONE DROP」という曲が目についた。ほーん、「ONE DROP」か。ワンドロップ・・・いいかも!ていうか曲もめっちゃいい曲やし!なんかイントロの感じとか、今から何か始まる~ってゾクゾクするような感じがする。いい!テーマソングにしよ。それが最初のきっかけ。

https://www.youtube.com/watch?v=74NCfS3h2JY

そしてそこからワンドロップ・・ってことは「ひとしずく」だよなーと思ったときに、あ!あれだ、「ハチドリのひとしずく」だ!と思いついた。

「ハチドリのひとしずく」とは、南米アンデスの民話。動物達が住んでいた森が火事で燃えた、動物たちはみんな逃げた、そんな中ハチドリだけが一滴一滴、水を垂らす。それを見て動物が笑う、「そんなことして何になる」と。ハチドリは言う、「私は私にできることをしているだけ」と。そんなお話。

https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334974916

環境活動家でスローライフ運動等を提唱していた辻信一さんが、「たとえ微力でも、自分にできることをやろう」というメッセージを込めてこのお話を世間に広めた。学生の頃、大学に辻信一さんが講演に来られたことがあって、その時にこの民話のことを知った。その当時の僕は2回生で、自分のこれからの生き方についてとても思い悩んでいた。しかし辻さんの講演を聞いて、すごく前向きな気持ちなれたことを覚えている。そしてこの頃から、日々の食について、またその向こう側にある農業について強い関心を持つようになった。ある意味、自分の原点になっているのが辻さんの講演だった。

そうだ、自分のやろうとしていることは「ひとしずく」だ。小さい八百屋ごときでは世の中は変えられない。でもたとえ微力でも、農業に貢献したい。そんなことをして何になると言われて笑われても、自分にできることをやる。そうだこれだ・・そんな思いから名付けた。

 

 

 

2 / 212

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top