ブログ

BLOG

ついに開業!シャッターオープン!

update:
2022.2.23
category:
開業準備編

いよいよ開業日が差し迫った前日夜。準備は佳境を迎えていた。釣銭を用意して、陳列のレイアウトを決めて、レジの使い方を練習した。そして夜中まで農家さんの紹介ボードを作った。大きな模造紙に「ONEDROP FARMAERS」と書いてそれぞれの農家さんの写真を貼り、その人柄やこだわりを書いた。前日にわざわざやらなくても・・と今なら思うが、どうしても農家さんの想いを伝えるツールを用意しておきたかった。

そして迎えたオープン当日の朝。5時すぎに起きて若手農家3人衆の待つ伊賀へ、妻と一緒に仕入れに向かった。向こうについたのは多分8時過ぎ。仕入れた野菜はサニーレタス、葉にんにく、他は葉物野菜が中心だったかな。そして会話もそこそこに、急いで帰路に就いた。オープン予定は11時だった。順調に帰れたとしても10時過ぎ。あまり時間に余裕はなかった。にもかかわらず、帰り道で道に迷ってしまった(笑)。あれ、行き止まりだ、やばい間に合わない!軽くパニックになってしまった。当時はまだ運転にもあまり慣れておらず下手くそだった。

やっとの思いで店に戻ってきたのは11時ギリギリか、ちょっと過ぎていたかもしれない。急いで車から荷物を卸して野菜を並べた。そして慌ててシャッターを開けた。本当は、もっと気持ちを落ち着けて始めたかったが、なんせ未熟者でバタバタのテンパりまくりだった。

シャッターを開けると、すでに数人のお客様が待ってくださっていた。そしてその中には、あの日Tご夫妻と出会ったお店の女将さんも来てくださっていた。その姿を見た時少しウルっときた。妻も泣いていた。気を取り直してお客様の応対をするが、最初は緊張のあまり声が出なかった。「いらっしゃいませ」「ありがとうざいました」が出てこないのだ。すべて手作りの棚や木箱。手書きの模造紙の農家さん紹介ボード。そして粗削りな野菜たち。当時の自分たちなりに一生懸命作った店だったが、むき出しの自分をさらけ出しているようで、こんな変な店をどう思われるかという不安や恥ずかしさがお客様を前にして出てきた。しかし徐々に本当に八百屋をやっているんだ、そしてお客様が来てくれているんだという実感が湧いてきて、嬉しい、頑張らなきゃという気持ちになった。

両親や親戚、そして前職の八百屋のオーナーからも花が届いた。地域協定のこともありあまり目立つ場所に飾れないのが残念だったが、多くの人がお祝いして応援してくれていることがとても嬉しくありがたかった。

その後のその日のことはあまり覚えていない。多分必死だったんだと思う。チラシをポスティングしたり、いろいろな人が口コミで広めてくれたおかげか、初日は結構たくさんのお客様がきてくださって感動した。売り上げは5万円くらいあったと思う。ただこの後、この初日の売り上げ記録を更新するには半年以上かかったが(笑)。店を閉めた後、妻は「よかった・・よかった・・」としんみりと言って泣いていた。そうして長かった1日が終わった。


開業準備編⑥ 問題発生!地域協定の壁

update:
2022.2.22
category:
開業準備編

開業2日前だったか前日だったか、準備も佳境に入っていたころだった。ガレージを貸してくださっているTさんからこう言われた。

「この地域には地域協定というのがあるらしく、新規で商売を開業してはいけないことになっているらしいんだ。地域の委員会の方から連絡があった。」と。ガーン・・・。

おそらく開業数日前に、僕が近隣の住宅にチラシをポスティングしたせいで連絡があったのだろう。高級住宅街の風紀を守るために「建築物は“住居専用“としなければならない」という内容の建築協定が存在していたのだった。こんなところで開業して大丈夫なのか・・という一抹の不安は現実のものとなってしまった。Tさんは、「ガレージセールみたいなものだから」とかばってくださり、なんとかオープンすることはしぶしぶ認められたようだ。しかしいろいろな制約がついた。例えば建物の外に商品を並べてはいけない、看板も目立たせてはいけない、パラソルも立ててはいけない等。正直、マジか・・オープン直前なのに計画練り直しやん・・と結構しょんぼりした気分になった。ただでさえ目立たない場所にあるのに、さらに目立ってはいけないというのは商売としてしんどいなと思った。しかし開業できないという最悪の事態は避けられた。Tさんは変わらず応援してくださっているし、ご迷惑もかけられない。気持ちを切り替えてがんばるしかないと思った。

しかし何とか開業することはできたものの、この地域協定の壁がやがて大きな障壁になっていく。そして現在の新町通へ早期移転(1年3ヵ月後)するきっかけとなるのであった。ただ目立たない場所で長く続けるよりも、新町に早い段階で移転した方が結果的にはよかった。だから地域協定のおかげともいえる。

開業準備編⑤ 超高級住宅街でまさかの開業

update:
2022.2.19
category:
開業準備編

「奇跡のひとしずく」で出会った、まさかの提案をしてくださったTご夫妻。
後日改めてご挨拶に伺った。

本当に八百屋をやらせていただいても大丈夫なのか・・・
お酒の席の勢いで言われたことで、後で気が変わられていたらどうしよう・・・
そんな不安も少しはあった。

たどり着いたご自宅は、俗に「社長通り」とすら言われる京都でも有数の閑静な高級住宅街だった。そして超立派な豪邸。こんなところで八百屋をやって大丈夫なのか・・ますます不安になった。

ご自宅に通していただき挨拶をする。
「本当に八百屋をやらせていただいてもいいのでしょうか・」
「もちろん!応援したいから」(神)
「あの、お家賃や電気代は少しはお支払いさせていただきたいのですが・・」
「いらない!だいじょうぶ!」(神)

うん、マジ神(笑)。本当の成功者、人格者とはこういう方なのだと知った。こんな方に応援していただけるなんて、ありがたいやら恐縮やら、でも頑張りたいと思った。

そして実際に八百屋となるガレージを見せてもらった。「僕は自転車の方が好きだから、車は乗らない。いらないと言ったのに工務店がガレージを作っちゃったから」と言われたそのガレージは物置になっていた。広さは十分だった。シャッターは電動式。そして道路との間には3メートルほどの軒先スペースがあった。「いいものがある」と持ってきてくれたのは緑の帆布製の大きなパラソルだった。広げるとマルシェ感があり、とてもイメージがよかった。閑静な住宅街なので人通りは少ないが、こんな場所でやれるなんて心底ありがたいと思った。

「そうだ、トイレはこっち」といって裏口に案内された。そこにあったのはなんと「おがくず式くみ取りトイレ」だった。用を足した後におがくずを入れることによって臭いがしなくなる。「いっぱいになったら、こっちの庭のコンポストに入れて」といってさらに裏庭に案内された。そこには、もともとテニスコートであったものを畑に変えたという自家菜園が広がっていた。「便は寝かせて畑の堆肥にするから。江戸時代のやり方だね。それから売れ残った野菜もここに入れていいよ」と言われた。Tさんは環境問題や資源問題を憂い、これからの生き方を見直さなければいけないという考えでライフスタイルを変えられた。会社を経営されながら、ご自身で有機農業を実践されていることに本当に驚き、尊敬の念を抱いた。そして感謝の気持ちを込めて、ありがたく便を畑に還元させていただきたいと思った(笑)。

開業準備編④ はじめて出会った農家さんたち 

update:
2022.2.18
category:
開業準備編

開業する前、生産者のとの繋がりを求めて無農薬野菜の宅配会社「安全農産供給センター」のイベントに参加した。そこで1人の自分と同世代の若い生産者と出会った。彼は伊賀の有機農業の研修農場で1年余りの研修を受け、その周辺で農地を借り農業をはじめたばかりだった。僕は自分が八百屋をやろうとしていること、有機野菜を扱いたいと思っていることを熱心に話した。彼も自分がやろうとしている農業について熱く話してくれ、意気投合した。自分と同世代の若者が同じように有機農業の世界で頑張ろうとしているを知り、とても嬉しくなった。応援したい、一緒に頑張りたいという気持ちなった。高齢化が進んでいると言われている農業の世界で、このタイミングで若手生産者と出会えたのは運命だと思えた。さらに、他にも2人同じように研修を受け独立した若者がいるという。場所は三重県の伊賀だった。凄い、これは行くしかない。

数日後現地を訪れ、他の2人のメンバーとも会うことができた。そして彼らの野菜を中心にしようと決めた。これからの農業を担っていく若い生産者の力になりたい、そして彼らのことを世に伝えたいと思った。安全農産供給センターに協力してもらい、週2回は安全農産の集荷便に便乗して宇治の出荷所まで運んでもらえることになった。その宇治に僕は野菜を取りに行く。そして週1回は自分で伊賀まで車を走らせ集荷に行き、一週間分の野菜の代金の支払いをし野菜の売れ行きや改善点などを話し合う・・そんな感じでいこうと決まった。

そしてオープンの2日前。まずは玉ねぎやにんにくなど、日持ちのするものを仕入れに伊賀まで行った。その帰り道、ああ僕はついに本当に八百屋になったんだ!ととても興奮して車の中で思わずうウオーッと絶叫した。そして積み込んだ野菜を見て、思い切り笑いが込み上げてきた。いきなり変わった自分の人生、つい3か月前までは想像もしていなかったこの展開を改めて思い返し、言葉にならない嬉しさとワクワク感、緊張感で胸がいっぱいになった。

片道2時間以上。もちろん高速など使わない。今の自分がアドバイスするとしたら、「あのな・・・経費考えたことあんのか、ガソリン代と自分の人件費考えてみ、絶対続かへんで・・もっと近くに農家さんもいるはずやで、もうちょっと考えてみ」と言うだろう。でもそう言われたとしても、当時の僕は「いやぁ~、わかってはいるんすけどね。行きたいんっすよ。えへへ(このおっさんつまんない夢のないやつだな)」と言って全く聞く耳をもたなかっただろう。とにかく想いの強さだけで突っ走っていた。自分で気付くまではなかなか変われないものだ。あ、やっぱりこれ無理かも・・って気づいたのは4カ月ほど続けた後だった。早かったのか遅かったのか。

開業準備編③ 東京視察旅行

update:
2022.2.17
category:
開業準備編

中央市場のアルバイトを3月末でやめ、開業は5月の連休明けあたりにしようと決めた。
お金も無いし、あまり時間をかけていられなかった。

妻の遼子とは当時からお付き合いをしていた。妻は当時、お酒の量販店に勤めていた。しかしオーガニック志向で、将来的には農業か八百屋か料理店をやりたいと考えている人だった。だから気が合った。妻も八百屋をやる気満々だった。立ち上げからずっと二人でいろいろなことを考え、進んできた。たまたま家が近かったこともあり、毎日のように一緒にご飯を食べながら立ち上げる八百屋についてあれやこれやと夢を語り合った。そんな時、妻が東京に行っていろいろなお店を廻ってみたいと言った。オープンしたら忙しくなるし、今しか行ける時ないよね、よし行っていろいろ勉強しようと東京に行くことを決めた。お金と時間を節約するため移動手段は夜行バス一択だった。

夜行バス⇒1泊⇒また夜行バスというスケジュールで丸2日いろいろと見てまわった。老舗の自然食品店や大型のオーガニックスーパー。ただどこを見ても、野菜が元気いっぱいという感じがあまりしなかった。本当におこがましいことこの上ないのだが、その時の僕らの感想は、「よし、勝ったな」だった(笑)。勝負の土台にすらまだあがれてもいないのに、まったく謎の根拠のない自信だけがあった。世間知らずの若者だった。

その当時の僕たちが、自分たちがやりたい八百屋のイメージとしてこびりついていたのが、外国のマルシェの写真だった。木箱やかごに色とりどりの野菜が無包装でモリモリと陳列されていて元気いっぱい。値札も黒板でなんかおしゃれな感じ。こんな八百屋を日本でもやりたい!できる!そう思っていた。そのイメージに近いお店がなかったから、「よし勝った」という感想になってしまった。しかし今ならわかる。野菜を毎日毎日、モリモリ元気いっぱいに新鮮に山積みにするのがどれだけ大変か・・。野菜を売ってもなかなか儲からないし、冷蔵ショーケースで売れる量だけ置いておこうというのが普通だ。この頃は、野菜を売る大変さをまだ全く理解できていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top