ブログ

BLOG

大学時代編③ オーガニックを知る

update:
2022.3.10
category:
大学時代編

大学1年の頃、アルバイトをしていたアジア料理屋で好きになった人がいた。その人は自分より5歳年上で、自分よりはるかにいろいろなことを知っていた大人の女性だった。はじめは憧れに近いような気持ちだった。仲良くなりたいので、一生懸命話しかけた(笑)。そしていろいろと話をするうち、菜食中心の食生活であること、またできるだけオーガニックのものを選んでいることなどを教えてもらった。いわゆる自然派志向の人だった。

はじめは「え?お肉嫌いなんすか?美味しいのに」「健康にすごい気を使ってるんすね。俺ジャンクフードしか食べてないっす」といった感じでベジタリアンもオーガニックも全く理解していなかった。他にも「テレビは見ない」とか「洗剤は自然派石鹸しか使わない」とかいろいろなことがカルチャーショックだった。しかしどうしても好きな人に気に入られたかったので、ベジタリアンやオーガニックの考え方について調べた。そして肉食の背景には飼料として穀物が大量に消費されていること、畜産のための森林伐採、過密な環境での生産などいろいろな問題があることを知り、そういった観点から肉食を減らすという考え方があることがわかった。オーガニックについても、自らの健康というだけでなく農薬や化学肥料が自然環境や生態系に悪影響を及ぼすことを防ぐ、という目的があることを知った。

そうした「食の裏側」的な現実は、当時の僕には目から鱗だった。それまで無意識に暮らしていたことがとても罪深いことのように思えた。それまではジョンレノンに影響を受け、世の中に貢献することがしたいけど何をしたらいいのかわからないと思っていた。しかしベジタリアンやオーガニックの考え方をきっかけに、特別なことをする必要はなく、自分の生活を変えていくことが世の中を変えていくことにつながるんだと思うようになった。

そして僕はベジタリアンの真似ごとをはじめた。大好きだったハンバーガーもラーメンも我慢した。自炊はもともと好きな方だったが、その女性に気に入られたくて野菜料理を頑張って覚えた(笑)。玄米を食べはじめたり天然酵母パンを買いに走ったり。学食ではうどんかそばか鯖煮定食を食べた。そんなことをしていたら体重が8キロ近く落ちて50キロくらいになった(笑)。その頃が人生で一番痩せていた。

今はベジタリアンではまったくない。もちろん野菜は沢山食べるし大好きだけど、お肉もたくさん食べるしファーストーフードもジャンクフードも食べる。というかむしろかなり好きだ(笑)。当時はまだ若かったのと、とかく影響されやすい性格だったのでオーガニック的生き方をしなければならない!それが絶対正しいんだ!とのめり込んでいった。文明社会、資本主義社会は地球環境を破壊している、それに乗っかってはいけない、違う生き方をしなければいけないといった感じだった。僕は何も知らずのうのうと生きていたのか・・と思うと自分の暮らしを全否定したくなってしまい、またまた悩みが深くなってしまっていた。

大学時代編② 好きだった店

update:
2022.3.9
category:
大学時代編

精華大学へ入学し、ほどなくして下宿をはじめた。はじめて住んだのは二軒茶屋のボロアパートだった。自転車や原付であちこち走り回って街を探検し、すぐに京都が好きになった。気づけばこの19歳の頃から20年以上、ずっと京都で暮らしている。それも北大路より南には住んだことがなくずっと洛北エリア。ただ「京都人」を名乗るには、まだまだ孫の代までかかるけど(笑)。

19歳当時、北山にあった「ビレッジヴァンガード(ビレバン)」が大好きだった。当時のビレバンは今のような雑貨メインのお店ではなく、サブカルチャー発信基地のようなお店だった。音楽、文学、アート、漫画、映画、その他ありとあらゆるサブカルチャーが黄色い手書きのポップで紹介されていた。当時は今ほどネットが発達しておらず、まして高校あがりの自分は本当に狭い世界のことしか知らなかった。そんな自分にはビレバンがとても刺激的で、「ここで紹介されているものを全部吸収したい」と思った。近くに住んでいたので毎日のように通い、隅々まで見て回った。

そんな大好きだった昔のビレバンだが、今の八百屋でも参考にしていることがある。それはあの特徴的な暑苦しいほどの黄色い手書きポップ。今思えば、ビレバンにおいてあるものは他のお店でも買えるものだった。しかしあのポップに「これ絶対聴いてくれ、人生変わるから!」と書いてあることによってここで買いたいという気持ちなった。単なる商品スペックの紹介ではなく、セレクトした人の生の言葉や熱量が伝わってくるポップ。そんなポップをワンドロップでも目指したいと思っている。

野菜なんてどこでも買える。それでもここで買いたいと思っていただくためには、作り手の想いはもちろん、セレクトした僕らの気持ちもいかにそこにのっけるかということも大事だと思う。どうせ買うならワンドロップにしとくか・・と思ってもらえるかどうかは、ポップの暑苦しさが決めてになるかもしれないのだ。ワンドロップのポップはお客様からよく褒めてもらえる。時々野菜に対してポップがでかすぎたり、想いが先走りすぎて文章長すぎて価格ちっさ!みたいなポップもあるけど(笑)。まあそれもご愛敬ということで・・。

作り手の想いを伝える。そしてその作り手の想いに共感している僕らの気持ちも伝える。そんなポップを目指してこれからもめんどくさがらずに続けたい。

大学時代編① 京都精華大学へ

update:
2022.3.8
category:
大学時代編

高校時代、ビートルズバンドは楽しかったが学校にはあまり馴染めなかった。人と変わったことをしたり、変わった服装をするとすぐ後ろ指をさされる。そんな空気感が嫌だった。そのため地元を出たいという気持ちが強かった。いろいろな大学の資料をとりよせ、その中でひと際興味を惹かれたのが「京都精華大学」だった。当時の京都精華大学は「日本一個性的な大学」「日本一学園祭が盛り上がる大学」「変人の集まり」「就職なんかするな。仕事は自分で作り出そう」そんなことが大学案内に堂々と書いてある変わった大学だった。すぐにここに行きたい、ここしかないと思った。

無事合格し人文学部人文学科に進学。人文学部って何を学ぶの?とよく聞かれるが、人間とは何かを広く深く考えよう、といった感じで明確な専攻はない。僕にとっては面白かった。特に好きだったのは哲学、思想史、心理学、文化人類学、社会問題や環境問題に関する授業だった。

また多くの新しい刺激に触れた。精華大学は本当に自由な空気感だった。そこらじゅうで好き勝手に歌ったり踊ったり、作品を作ったり、自己表現がさく裂していた。服装もみんな個性的でどんな格好をしていても誰も何も言わない。ひねくれ者もネクラもコミュ障もみんなOK。高校までの閉鎖的な空気感とは全く違い、自分にはとても居心地がよかった。

とはいえ入学してすぐは周囲の自己表現の凄さに圧倒され、周りがみんな凄い人に感じ眩しく見えた。「ビートルズコピーバンド」しかやっていなかった僕はすぐに自信を無くした(笑)。コピーじゃダメだ!自分で曲を作ってみようと思ったが全然ダメだった。音楽の道はあきらめ、その後しばらくはやりたいことが見つからない病になってしまった。

その当時衝撃的だったのは「9.11」の同時多発テロ事件とそこから始まったアフガニスタン戦争。世界がこんなに大変な状況になっているのに、僕はラブ&ピースの使者になりたいのに何もできない・・と10代の煩悶はまだまだ続いていた(笑)。

3 / 3123

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top