ブログ

BLOG

生い立ち編⑧まとめ 僕の10代と90年代

update:
2022.3.5
category:
生い立ち編 

幼少期から高校時代まで、長々と生い立ちを振り返ってみた。僕は10代のほとんどを90年代で過ごした。1982年生まれの僕は、俗に「キレる17歳世代」と呼ばれている。神戸連続児童殺傷事件や、バスジャック殺人事件、秋葉原通り魔殺人事件の犯人はみんな同い年。他にも有名な事件の犯罪者がこの世代には多く、なんとなく申し訳ないような肩身の狭いような思いをしてきた。普段はおとなしい子だったのに、突然キレて凶悪事件を起こした・・そんなニュースをよく耳にした。でも自分も、もし中二病がおかしな方向に行っていたら、彼らと同じような事を起こしてしまったのかもしれない。

思春期を迎え、社会に少しずつ関心をもつ頃に経験したのが「阪神淡路大震災」「オウム真理教事件」「バブル崩壊と不景気」だった。さらに2001年、19歳の時に「9.11」。温暖化や資源の枯渇といった環境問題も深刻。世界はどうなってしまうのかと不安に思った。世の中の空気は暗く重い、そして未来はあまり明るくない。それが常に当たり前として育ってきた。さらに就職難で、これまでのように「いい大学いい会社」が難しくなった時代。「勝ち組負け組」と言われだし、非正規雇用が爆発的に増えた時代。「自分探し」が流行り、生き方や幸せの価値観が一気に多様化していく時代だったのかもしれない。

そんな時代背景は、今思えば自分の内面にも大きな影響を与えた。これから世の中はどうなっていくのだろう、そして自分はどう生きればいいのだという漠然とした不安を感じていた。ジョンレノンの影響を受け自分もラブ&ピースに貢献できるような人になりたいけど、何をすればいいかわからない・・と思っていた。「いい大学いい会社」という親の望むレールには進みたくない!何か自分らしい人生を生きたい!という中学受験の反動で生まれた硬い決意だけがあった(笑)。

今思えば、そんな10代の頃の煩悶が八百屋になるひとつの原点だったのかもしれない。世の中に対する漠然とした不安と、その世の中に何か貢献することがしたいという思い。型にはめた生き方ではなく自分らしく生きたいという欲求。さらにやりがいを感じることをみつけてそれに熱中したいという欲求。それらの答えとして自分なりにいきついたのが「八百屋」という仕事だったのだと思う。

でも当時の10代の頃は、八百屋をやろうなんて1ミリも思っていなかった。野菜にも食事にも農業にも何の興味もなかった。育った家庭も食材に特別こだわっていたわけではなく至って普通。そんな僕が食や農業に関心を持つようになったのは、大学生として京都に来てからのことだった。

生い立ち編⑦ ビートルズバンド結成!

update:
2022.3.4
category:
生い立ち編 

高校は地元の公立高校に進学し、中学時代の吹奏楽部の仲良しメンバー4人でビートルズのコピーバンドを結成した。当時はビジュアル系やハードコア系が全盛の時代の中、周りと比べると異色だった。しかし他のメンバーには有無を言わさず、「俺らプロ目指すから。基本中の基本ビートルズからやらないとダメだから。」と猛練習を始めた。メンバーの一人の家が大きな家で地下室があり、そこを勝手に専用スタジオ化して吹奏楽部さながら毎日のように練習に明け暮れた。もちろん僕はジョンのパートを担当しギター&ボーカル&リーダー。この頃からすでに自分中心大好き人間だった。「そのハモリ、もっと合わせろ!」「もっと練習してこんかい!」などめちゃくちゃなスパルタンリーダーとして君臨した。

「プロを目指すんだから楽器にはこだわらなアカン!」と新聞配達や中華料理店でのアルバイトをしてお金を貯め、わざわざ20万円もするギターを買った。そして友人にも半強制的にバイトを課し、高いベースギターやキーボードを買わせた(笑)。吹奏楽部からの気心知れた仲間だったからついてきてくれたものの、他のメンバーだったらお前とはやれないと言われていたと思う。とんでもないスパルタ気質だった。そしてこのスパルタ気質は八百屋を始めてからも存分に発揮され、野菜にこだわるといういい面で発揮されることもあったが、従業員さんに当たりが強くなってしまい辞められてしまうという非常に悪い面も多くあり、後に大いに猛省することになる。

とはいえ毎日のように練習をしていた成果はあり演奏は上達した。何度も録音していかにビートルズに近づけるかを研究した。しかし高校3年の時、メンバーの一人が諸事情で高校生ながら結婚することになりバンドどころではなくなってしまった。また他のメンバーもそれぞれの進路を考える時期になり、最後にいつも練習していた地下室に友達をよんでライブをやった。これまでのいろいろな思いが込み上げて「ロング&ワイディングロード」を歌いながら最後は泣いた。いい仲間と一生懸命バンドに打ち込んだことは、とても充実した時間であり一生の思い出になった。その後大学へ進学してからはバンドをやることはなく、音楽でプロになるという夢もいつのまにか消えた。ギターに触ることもめっきりなくなってしまったが、今でも手放さずに押し入れにしまってある。

生い立ち編⑥ 青春!吹奏楽部

update:
2022.3.3
category:
生い立ち編 

吹奏楽部時代、練習は厳しかったが楽しかった。僕ははじめトロンボーンを担当したが、その後ユーフォニュームという楽器にパート替えされた。ユーフォニュームは比較的地味な楽器で、もっと目立つ方がいいのに・・とはじめは思ったが音色が美しくすぐに気に入った。はじめのうちは楽譜も読めず音もまともに鳴らせなかった。初めて出た大会では先生に「小谷は吹き真似をしといて」と言われ顔だけ真剣なフリをしてずっと吹き真似をしていた(笑)。しかし先輩も引退して自分たちの代になる頃から、自覚が芽生えて真摯に練習し、徐々に上手く吹けるようになった。

また「部活を頑張るために学生生活をきちっとしろ」という部活の方針から、規則正しく生活し校則を守る模範生に変身した。それまでは「シャツはズボンから出してネクタイ外して、遅刻常習、こっそりお菓子と漫画とウォークマン持ち歩いて自転車通学しちゃう不良の俺」という中二病スタイルだった(笑)。勉強も人並みの成績までは持ち直した。吹奏楽部という自分が認められ活躍でき、また仲間のいる居場所ができたことでいろいろな面で前向きになれた。

幼少期からの目立ちたがり屋の性格も再び顔を出し、同期入部の友人と二人で様々なパフォーマンスもやった。被り物をかぶって女装して「パフィー」や「セーラームーン」を歌って踊った。笑顔の少ない無愛想な店主と言われている今では想像もつかないかもしれないが、僕にもそんな時代があった(笑)。

吹奏楽部での経験から、やりがいのあることを見つけそれに集中して打ち込むことで、充実した時間を過ごせるということを知った。また仲間と何か一つのことを目指して協力し努力すること、一つのハーモニーを作り出すことの楽しさを知った。その後の人生では逆に「やりたいことが見つからない・・やりがいがほしい・・」という「やりがい中毒」に陥り悩んでしまったこともあった。だから「やりたいこと」がすべてだとは今は思わないが、何か一生懸命に打ち込めることがあるというのは僕にとっては幸せなことだった。そしてそれが今は八百屋だ。

生い立ち編⑤ 吹奏楽部へ

update:
2022.3.2
category:
生い立ち編 

中2の春、新学期が始まった。僕の中学校では新年度の始めに今年所属する部活を所定用紙に書いて提出しなければならなかった。中1はバスケ部だったので、普通ならそのままバスケ部と書いて提出すればよかったのだが僕は大いに迷っていた。吹奏楽部に入りたい・・・でも恥ずかしい・・と。ビートルズに感化されて膨らんだ音楽への憧れだけが理由ではなかった。当時好きだった女の子が吹奏楽部にいたから、というのが本当の理由だった(笑)。その子とはまともに話したこともなくクラスも別だった。だからまず友達になりたかったのだ。

そして部活動届提出の日、まだ迷いに迷っていた。結局教室では提出できず、意を決して「吹奏楽部」と書きその後先生を追いかけて職員室の前でお願いします!とギリギリで渡した。ついにやった・・俺は決めたぞ・・とたったこれだけの決断が当時の中2の自分にとっては一大事だった。それでも一人で途中入部するのは心細く、クラスメイトのちょっと変わり者でお調子者の友達を半ば無理やり誘って、二人で加入することに。

後日、吹奏楽部の顧問の先生に二人して呼ばれた。ここの吹奏楽部は先生がとても熱心なことで有名で、県大会、全国大会を目指していた。先生はウッキウキの嬉しそうな声で「本当に入ってくれるの!嬉しい!」といった感じで大歓迎してくれた。途中入部でも全然問題ない、練習すれば大丈夫だと不安な気持ちも慮ってくれた。吹奏楽は、人数がある程度多いほど迫力ある演奏ができるため、部員が増えることは歓迎される。特に男子は数が少なく重宝された。組織のパワーバランス的に男子もある程度いる方がいいという面、馬力の必要な楽器は男子の方が向いているという側面があった。うだつの上がらないバスケ部員だった僕は、自分を必要としてもらえていると感じて嬉しかった。

そして迎えた入部の日。並みいる先輩方の前で挨拶をした。自分は緊張して何を話したのか覚えていないが、友達は全く物おじせずに「○○です!好きな食べ物は桃です!!」と聞かれてもいないのに堂々と宣言し周囲を唖然とさせていた(笑)。凄いやつだな・・と思った。とはいえ突然やってきた途中入部の男子2名は先輩からも同期からも歓迎された。吹奏楽部の同期には他に男子2名がいた。この4人で中学時代はいつも一緒に過ごし、青春を分かち合った。今でも年に何度かは連絡を取り合い、数年に一度は飲み明かす関係が続いている。少しの勇気を出して吹奏楽部へ入ったことで、人生唯一の友達と呼べる仲間ができた。

そして好きだった女の子とも友達になることができた(笑)。「ナイフを持って立ってた(もちろん本当にはもっててない。気分だけ笑)」中二病は少し和らぎ、恋に部活に前向きになりようやく僕にも青春らしい日々がやってきた。

生い立ち編④ ジョンレノンとの出会い

update:
2022.3.1
category:
生い立ち編 

中学1年の大晦日(1995年)の日だったと思うが、テレビでビートルズの長時間特番があった。その当時、ジョンレノンの未発表曲がビートルズの新曲として25年振りに発売されるということが話題になっていて、それをふまえての特番だった。ビートルズの歴史を振り返りながら、現在のメンバーのインタビューも交えつつ、たくさんの名曲と貴重な映像が流された。これを見ればビートルズの歴史が一通りわかるような内容だった。それまでビートルズのことは昔の人という印象しかなく、ほとんど聴いたこともなかった。当時聴いていたのは、ミスチルやB‘Z、そしてブルーハーツ。しかしこの番組を観てビートルズって凄い!凄すぎる!と衝撃を受けた。ビートルズ世代だった父が録画していたこの番組を何度も何度も見て、すっかりビートルズにはまってしまった。父も子供がビートルズを好きになったことは嬉しかったようで、リアルタイムのことを話してくれたり、CDを買ってくれた。ビートルズは、コミュニケーションの少なくなっていた親子も繋いでくれた。

ビートルズの中でも特にジョンレノンの歌声や人間性、生き方に魅了された。多感な中二病だった僕は、瞬く間にジョンレノンの大ファンになり、ソロ時代の曲も聴き漁った。ビートルズ時代後半からソロ時代にかけて、変貌していくジョンの姿に興味をもった。ビートルズという名声を捨て、ありのままの自分の弱さをさらけ出し愛と平和を歌った姿がかっこいいと思った。そしてそんなジョンのメッセージを素直に受け取り、自分もラブ&ピースを広める人になりたいと多感な少年は思ったのだった。

中学2年の夏休み、「歴史上の人物を一人選んで調べ模造紙に書く」という宿題が出された。僕は先生に「ジョンレノンでもいいですか」と聞くと「それはダメだ」と言われた(笑)。しかし絶対にジョンレノンじゃなきゃ嫌だー!何でアカンねんと散々駄々をこね、渋々先生を認めさせた。そして嬉々としてジョンレノンのことを調べまくり、模造紙1枚でよかったところ5枚に渡って書き上げ、2学期の始めに先生を困惑させた(笑)。しかしやる気は認められたのか、そのジョンレノン模造紙は優秀賞として文化祭で張り出された。

当時特に影響を受けたのは「レボリューション」という曲だった。「革命を起こしたいって?ちょっと待てよ」「社会の構造を変えてやると君は言う へぇ、そうかい 自分の頭から変えてみなよ」 「それが社会の為になると君は言う へぇ、そうかい 自分の心を自由にしてやりなよ」「世の中は少しずついい方向に向かってるのさ」こんな歌詞だった。当時中二病だった僕は、親が悪い、学校が悪い、世の中が悪い、だからこんなに自分は苦しみ悩んでるんだ!と思っていた。でもこの曲を聴いてそうじゃない、自分の心を自由にしてやればいい、自分が変わればいい、周りに文句ばっかり言っていてもダメだと思った。この曲ですべてが変わったわけではもちろんないが、この頃から少しずつ変わりたいと思うようになった。

そして僕は中2の始め、バスケ部をやめて吹奏楽部に入部した。運動音痴でこのまま続けていてもレギュラーにはなれないし、ビートルズに感化されて自分も音楽をやりたいという気持ちになった。ただ吹奏楽部は当時はまだ女子のイメージが強く男子はひ弱なイメージで、なんかモテなさそう(下手なバスケ部の方がよっぽどモテないのだが笑)・・みたいな中学生特有の狭すぎる視野で一歩踏み出せずにいた。でもビートルズに出会ったことで、本当に好きなことをやれと背中を押してもらえたのだと思う。さらにいえばジョンレノンのラブ&ピースやレボリューションのメッセージが、「八百屋で世の中に貢献したい」という今の原点の思いにも繋がっている。

特に好きだった曲は「ストロベリーフィールズフォーエバー」「ドントレットミーダウン」「アクロスザユニバース」。ソロ時代なら「ジェラスガイ」「イマジン」「ラブ」「マザー」など。ジョンの繊細で優しい内面性を感じる曲が好きだった。

4 / 41234

Category

  1. 考え方
  2. 八百屋について
  3. 野菜いろいろ
  4. ヒストリー

New Entry

  1. 下鴨時代編① 試行錯誤の毎日
  2. 大学時代編⑬ 卒業~フリーター~八百屋への想い 
  3. 大学時代編⑫ タイ・ラオスの旅
  4. 大学時代編⑪ 南西諸島横断の旅後編
  5. 大学時代編⑩ 南西諸島横断の旅前編

Archive

  1. 2022年3月
  2. 2022年2月
  3. 2022年1月
  4. 2020年6月
  5. 2020年1月
  6. 2019年8月
  7. 2019年7月
  8. 2019年6月
  9. 2019年5月
  10. 2018年8月
  11. 2018年7月
  12. 2018年5月

Page Top